【新車】SUZUKI、「スカイウェイブ400タイプS ABS」をカラーチェンジして発売

スズキは、力強い出力特性の399cm3エンジンを搭載し、高い制動力のフロントダブルディスク ブレーキを装備する「スカイウェイブ400タイプS ABS」をカラーチェンジし、2014年10月29日(水)から発売する。

商品名 メーカー希望小売価格 発売日
スカイウェイブ400
タイプS ABS
(AN400SAL2)
799,200円
(消費税抜き740,000円)
2014年10月29日

■車体色(2色)
▼マットフィブロイングレーメタリック(PGZ)

▼パールブレーシングホワイト(RB5)

※価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う費用は含まれない。
※形状、大きさにより収納できないヘルメットがある。

■主な変更点
・設定色の車体色を変更した。

艶消し灰色のマットフィブロイングレーメタリック
白色のパールブレーシングホワイト
の2色設定とした。

・フロントマスクのSエンブレムを変更した。
・ヘッドライト左上部の「ABS」デカールを廃止。
・ホイールピンストライプ色をレッドに変更。
・灰色のシートステッチを採用。
・ヘッドライトエクステンション色をスモークからブルーに変更。
・テールレンズ色をスモークからクリアに変更。

■スカイウェイブ400タイプS ABSの主な特長
・フューエルインジェクションシステムを搭載する、最高出力23kW<31PS>/7,000rpmを発揮する水冷DOHC4バルブエンジンを採用。
・前後ブレーキに電子制御式ABSを標準で装備。
・リンク式リヤサスペンションを採用し、二人乗り時にもしなやかで快適な乗り心地とスポーティな走りを両立。
・フルフェイスヘルメット 2個※を収納しても余裕のある63Lの大容量シート下トランクや、エンジンの始動に便利なキーレススタートシステムを採用。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る