【JRR】SPOTLIGHT ON THE FIGHTERS 「Hondaで戦うライダーたち」

今シーズン第3戦、ツインリンクもてぎで念願の全日本ロードレース初優勝を成し遂げた小林龍太選手。デビューから表彰台の真ん中に立つまでに10年を要しましたが、第4戦を挟んだ第5戦・岡山国際サーキットで圧倒的な強さを見せ、2勝目をあっさり獲得。同時に最終戦を残して、シリーズチャンピオンに王手をかけるランキング単独トップに躍り出ました。

小林選手が全日本ロードレースに本格デビューしたのは2005年。17歳の小林選手はあどけなさの残る高校生でした。それでも、秘めたる闘争心は人並み外れたものがあり、そのギャップが関係者から高く評価されて2008年に名門ハルクプロに移籍すると、同年の第3戦で3位表彰台を獲得しました。2013年は一転、アジアロードレース選手権に参戦。ライダー同士がぶつかり合う、まさに一触即発のレース経験が小林選手の走りを一変させるきっかけとなりました。2014年のシリーズチャンピオンに向けて、最終戦も優勝を狙いにいきます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る