[YAMAHA]MotoGP Rd.15 Movistar Yamaha 3連勝を目指し日本へ!

■大会名称:MotoGP第15戦日本GP
■開催日
2014年10月10日(金)フリー走行、11日(土)予選、12日(日)決勝
■開催地:日本/もてぎ
■開設:1997年
■コース長:4.801km
■サーキットレコードラップ:1分45秒589(2012年:D・ペドロサ)
■サーキットベストラップ:1分44秒969(2012年:J・ロレンソ)
■2013年の優勝者:J・ロレンソ

2週間前のアラゴンGPでJ・ロレンソが見事な優勝を成し遂げたばかりのモビスター・ヤマハ・MotoGP。今週からはヨーロッパを離れ、3戦連続のフライアウェイ・レースに挑む。その1戦目はヤマハのホーム、日本GPだ。

ロレンソのチームメイトのV・ロッシは、アラゴンでの転倒で頭部を激しく打ち心配されたが、幸い大きな怪我はなく、今回は万全の状態で出場できる見通し。ツインリンクもてぎでは過去に数多くの好成績を残しており、最高峰クラスでは2001年と2008年に優勝。2000年、2002年、2003年、2004年、2006年、2009年は2位。2010年は3位を獲得している。

一方のロレンソも、もてぎとの相性は抜群。2009年と2013年は優勝を果たし、2011年と2012年は2位を獲得して、過去6年の間に4回の表彰台に上っている。今回は好調をキープして、2年連続となる優勝を狙う。

ツインリンクもてぎは1997年、ホンダがマシンテストを目的に建設したサーキット。その2年後に初めてMotoGPが開催されると、たちまちモータースポーツ・ファンに受け入れられた。そして2000年にはパシフィック・グランプリとしてGPカレンダーに加えられ、2004年からは鈴鹿サーキットに代わって日本GP開催コースとなっている。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る