カワサキ、エストレヤ 燃料ホース不具合で燃料漏れの恐れ

■リコール届出番号
3443

■リコール開始日
平成26年10月9日

■不具合の部位(部品名)
燃料装置(燃料ホース)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及び
その原因
燃料ホースの取り回しが不適切なため、左スロットルボディアッシカバー端部と燃料ホ—スが干渉するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、燃料ホースが損傷し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、左スロットルボディアッシカバーと燃料ホースを対策品と交換する。

■発見の動機
社内からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
使用者:ダイレクトメールで通知する。
自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
改善実施済車には、ステアリングヘッドパイプ左側のガセット部に No.3443のステッカーを貼付する。

■型式
JBK-BJ250A

■通称名
エストレヤ

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間 リコール対象車の台数
BJ250A-099029 〜 BJ250A-100653
平成25年11月27日〜平成26年8月22日

■合計 1374台

<ご注意>
対象車の製作期間はご購入された時期とは異なる場合があります。また、対象範囲内であっても、一部に回収済の車両もあります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. BMWは、今夏8月3日に日本公開予定の「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の映画鑑…
  2. ※鈴鹿サーキット 公式サイトより抜粋 ジョナサン・レイ 3日目総合トップタイムを記録 K…
  3. 初の試み「ファン向け公開記者会見」を実施! Hondaウエルカムプラザ青山は、7月22日(…
  4. 高速道路上での燃料切れ防止を目的とした社会実験 NEXCO中日本は、2018年7月14日(…
ページ上部へ戻る