[SUZUKI]JMX Rd.8 IA1熱田孝高が第1ヒートで3位表彰台を獲得

MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第8戦中国大会は、広島県世羅郡世羅町の世羅グリーンパーク弘楽園で開催された。

Team SUZUKIの熱田孝高は第1ヒート、オープニングラップ7番手から追い上げ激しいバトルを制して3位表彰台を獲得。熱田は第2ヒート5位で総合5位。
怪我から復帰し4戦ぶりのレースとなった小島は、万全とは言えない状態ながら7-10位で総合9位と完全復活への手応えを掴んだ。

IA2クラスの竹中純矢は、大会期間中に風邪の症状で万全の体調ではない中、予選からトップ争いを展開。決勝では表彰台こそ逃したものの4-4で総合3位に入る健闘を見せた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る