[SUZUKI]SBK Rd.11 スズキの2ライダーも悪コンディションの中で奮闘

2014 FIM世界スーパーバイク選手権シリーズ第11戦が10月5日、フランスのマニクールで開催された。シリーズ全12戦の終盤戦を迎えたマニクールは、前日までとは打って変わって集中豪雨に見舞われ、レースは終始波乱含みの展開となった。

決勝第1レース、ボルトコム クレセント スズキのユージン・ラバティは、4ラップ目に転倒を喫したものの再スタート、ポイント獲得圏内を目指して懸命の追い上げを図ったが、最後は19位でのフィニッシュとなった。
続く第2レースでは、ヨシムラによってエンジンチューンされたスズキGSX-R1000と共に健闘、中盤では6番手まで順位を上げたが、14ラップ目の第7コーナーでクラッシュ、無念のリタイアを余儀なくされた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る