MotoGP モーターランド・アラゴンからツインリンクもてぎまでのロジスティック戦略

シーズン佳境を迎えるオーバーシーズの3連戦緒戦となる日本ラウンドに向けて、ドルナスポーツは、3クラス113台のバイクをはじめ、チャンピオンシップの運営に必要な全機材を前戦アラゴンGPの開催地、モーターランド・アラゴンからオランダのアムステルダム経由で、ハイテクジャンボを利用して日本に空輸した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  2. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
  3. BMWは、同社の扱うBMW Motorradの誕生95周年を記念して、2018年4月に開業…
  4. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
ページ上部へ戻る