[HONDA]Rally Team HRC、モロッコラリー第1ステージで1-2フィニッシュ

Team HRCは、モロッコラリー 2014の第1スペシャルステージで、ホアン・バレダ選手が優勝、パウロ・ゴンサルヴェス選手が2位と、ラリーレイドではHonda初の1-2フィニッシュで最高のスタートとなりました。

2014年FIMクロスカントリーラリー世界選手権の最終戦となるモロッコラリーで、バレダ選手が現在トップにたちました。276kmに及ぶ第1スペシャルステージで、バレダ選手は痛快なペースで固い路面や岩の多いコース、そして砂丘も走破、ステージ後半でのナビゲーションミスがあったにもかかわらず、トップでゴールしました。

ゴンサルヴェス選手も負けじと2位でゴールして、Hondaの1-2フィニッシュを実現しました。ゴンサルヴェス選手は、後ろから追い上げるマルク・コマ選手(KTM)との距離をゴールまでキープ。コマ選手の後に、HRCライダーのエルダー・ロドリゲス選手が好調な走りをみせて、4位でゴールしました。

Team HRCライダーとして初参戦のジェレミアス・イスラエル選手は10位、ライア・サンツ選手も13位フィニッシュと健闘しました。

■コメント
ホアン・バレダ選手(スペシャルステージ1/優勝、総合1位)
「いいステージでした。後ろからのスタートでトリッキーなナビゲーションの連続でした。最後の方でナビゲーションミスがあり、少しだけタイムロスがありました。ここからは、どうやってさらにいい方向に進めるか、リードを維持するかにフォーカスする必要があります。戦略が重要となるレースです」

パウロ・ゴンサルヴェス選手(スペシャルステージ1/2位、総合2位)
「ラリーのスタートとしては、難しい一日でした。砂丘、岩場、そして複雑なナビゲーションの連続。14番手スタートで、途中で遅いライダーたちを追い越すのに苦労しました。でも、結果は2位。ほかのライダーたちも相当にプッシュしていたので、リードを維持するのに苦労しました」

エルダー・ロドリゲス選手(スペシャルステージ1/4位、総合4位)
「ラリーの初日でしたし、リスクは冒したくありませんでした。安定したレースを心がけました。途中、ロードブックで少しトラブルがありましたので、とにかくリスクは避けました。明日のステージではいいポジションでスタートできるので、時間差を詰めていきたいと思います」

ジェレミアス・イスラエル選手(スペシャルステージ1/10位、総合10位)
「今日のステージの序盤はナビゲーションが複雑でしたが、問題なくクリアできました。高速コースや砂丘とバラエティに富んだステージでしたので、問題なく完走できたことはうれしく思います。体調もよく、マシンに慣れてきましたし、Team HRCのライダーとして参戦できることをうれしく思います。自信もついてきましたし、自分のポテンシャルも発揮できてくると思います」

ライア・サンツ選手(スペシャルステージ1/13位、総合13位)
「今日はいいステージでした。とにかく問題なく完走することがまずは大事です。今日は、初めてレースのトップポジションでスタートしました。最初の数キロは難しく、数名のライダーに追い越されましたが、砂ぼこりなど危険も多いコースでしたので焦らないようにしました。今の自分にとって大事なことは、いいリズムを作って、学ぶことです」

ウルフギャング・フィッシャー|Team HRC チーム監督
「いいスタートでした。バレダ選手はステージ優勝。ニューマシンのテスティングやセットアップにおける努力が報われました。ゴンサルヴェス選手も2位、ロドリゲス選手も4位フィニッシュといい結果です。イスラエル選手とサンツ選手もなかなかの走りでステージ完走できましたので、チームとしての自信にもつながり、次のステージの準備もはかどります」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 幅広いユーザーに人気のタクトがガス規制対応! Hondaは、50cc原付スクーター「タクト…
  2. ■大会名:全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 岡山国際サーキット ■開催日:2017…
  3. ホンダは、2017年12月3日(日)に栃木県のツインリンクもてぎで、モータースポーツファンの…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 BMWからニューモデル「G 310 GS」…
ページ上部へ戻る