[DUNLOP]MotoGP Rd.14 ヴィニャーレス選手が後続を圧倒して今季2勝目を決める

第第14戦の会場は、スペイン北東部にあるアラゴン。アップダウンのある約5キロのコースだ。中低速コーナーが多いものの、1キロ弱のストレートもある。ダンロップは、新設計されたソフトコンパウンドのフロントタイヤを導入。前戦ミサノでデビューした新しいミディアム・フロントタイヤと共に全チームに供給した。

リアには、シルバーストーンと同様のミディアム&ハードのタイヤを用意した。晴天の中で予選は行われ、M・ヴィニャーレス(KALEX)がMoto2で初のポールポジションをつかんだ。「予選の前半は難しかったけど、徐々に調子をつかんでいいタイムを出せた。レースに向けては、もう少しタイムを上げたいね」とヴィニャーレス選手。J・ザルコ選手(CATERHAM SUTER)が2位、M・カリオ選手(KALEX)が3位となる。

ポイントリーダーのE・ラバット選手(KALEX)は、予選で転倒があり、5番手2列目となる。また、中上貴晶選手(KALEX)は7番手に入った。「セッティングが行き詰まってしまったので、今年のアラゴンでのテストのセットアップに戻したら、思いのほかフィーリングがよかった。午後の予選もそのままのセットアップで走り続けて、最後に7番手まで上がれた。明日の決勝は、日本GPにつながるようなレースにしたいです」と中上選手は語った。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る