【MotoGP】MotoGP HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.123

今シーズン3回目のスペイン開催となる第14戦アラゴンGP。日曜の決勝レースは、天候の変化がレース展開を大きく左右する波乱の戦いになりました。

ランキングで首位に立つRepsol Honda Teamのマルク・マルケス選手は土曜の予選で圧倒的な速さを披露し、今季11度目のポールポジションを獲得。チームメ—トのダニ・ペドロサ選手は2番グリッドで、両選手とも勝利に向け充実した体制で日曜日を迎えました。レースは、今にも雨が降り出しそうな空模様のもとで始まり、マルケス、ペドロサ両選手は序盤からトップグループを走行しました。やがて雨が降りはじめ、白旗が提示されてフラッグ・トゥ・フラッグになりましたが、様子を見計らいながらスリックタイヤで走行していたペドロサ選手が文字通り雨に足もとをすくわれて転倒。しばらくあとにマルケス選手も転倒を喫してしまいました。両選手ともマシンを引き起こしてピットへ戻り、それぞれウエットタイヤのマシンで再度コースインして、マルケス選手は13位、ペドロサ選手は14位でチェッカーを受けました。

突然の困難にも屈することなく、強い意志でライダーとスタッフ全員が力を合わせ、最後まで戦い抜いた今回のレースウイークについて、チーム代表のリビオ・スッポが振り返ります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る