【新車】ドゥカティ、ドゥカティ スクランブラー・ブランドをIntermot 2014で発表

ドゥカティは、ドイツのケルンで9月30日から10月6日まで開催される国際モーターサイクルショー、Intermot 2014で、多くのファンが待ち望んだドゥカティ スクランブラー・ブランドを公開した。

以下プレスリリースより

■ドゥカティは、アイコンとなるスタイル、モダンなデザイン、そして創造力溢れるスピリットを表現したドゥカティ スクランブラー・ブランドをケルンで公開
■ドゥカティは、堅実な成長を続け、将来に明るい見通し
■ドゥカティ、ドイツスーパーバイク選手権(IDM)で歴史的な勝利

2014年9月30日 ケルン(ドイツ)
このニューモデルが公開されるやいなや、メディアおよび来場者から大きな注目を集め、ドイツで開催されるこの重要なモーターサイクルショーのハイライトとなりました。

Intermot 2014のブースに設営されたドゥカティ スクランブラー・ブランドの特設スペースには、オリジナリティに溢れ、非常にクリエイティブなローンチ・キャンペーンで使用された黄色いコンテナが再現されました。「新しい世界」を象徴するこのニューモデルの発表会は、プレスデーの夕方に一般およびメディア向けに開催され、エキサイティングな新しいコンセプトを完璧に表現する個性的なプレゼンテーションが行われました。

「今年のIntermotは、ドゥカティにとって特別な意味を持っています」と、記者会見の席でドゥカティ・モーター・ホールディング社CEOのクラウディオ・ドメニカーリは述べています。「ドゥカティは、ここ数年にわたって堅実な成長を続けています。ドゥカティは、最近の1年間で前年比5%の成長を遂げ、この成長路線を確認すると共に、新たな販売記録を打ち立てました。また、ドイツスーパーバイク選手権では、1199パニガーレRとライダーのシャビ・フォレス/マックス・ノイキルヒナーの活躍により、ドゥカティが歴史的な勝利を収め、コンストラクターおよびライダーの両タイトルを獲得したことを大変誇らしく思います。」

「私たちにとって、新しいドゥカティ スクランブラー・ブランドを公開するということは、魅力的で現代的な、まったく新しい世界のドアが開かれたことを意味しています」と、ニューモデル発表の席でドゥカティ・モーター・ホールディング社のセールス&マーケティング担当副社長のクリスティアーノ・シレイは述べています。「私たちは、50年以上にわたるドゥカティの歴史の中で、アイコン的役割を果たしているモーターサイクルを完全にモダンな方法で解釈し、ドゥカティ スクランブラーの生産がこれまで一度も中断されなかったかのようにデザインしています。ドゥカティ スクランブラー・ブランドの4つのバージョンは、すべてのドゥカティ スクランブラーを唯一無二の存在にし、ライダーの個性を自由に表現するパーソナライゼーションを行うためのスターティングポイントとなっています。」

ついにその時はやってきました。過去数か月にわたり、このニューモデルは、ドゥカティ従業員およびWorld Ducati Week 2014に来場したドゥカティスタのみにプレビューするため、黄色いコンテナの中で厳重に管理されてきました。そして今回、ドゥカティ スクランブラーはコンテナから出され、一般に公開されました。このモーターサイクルは単なるニューモデルではありません。ドゥカティ スクランブラーは、豊富なオプションやバージョンによって、各ライダーの異なるニーズや要望を満足させ、自己表現するための、まったく新しい世界を表現しています。

ドゥカティ スクランブラーは、モーターサイクルの本質を追求した現代的なバイクです。アルミニウム製リアスイングアームやエンジンカバーといった実証済みの素材を使用する一方、ドロップ型の燃料タンクやフレームは、フロント/リアLEDライトやLCDインストルメントといった最新世代のコンポーネントと組み合わせられています。ワイドなハンドルバーやロングシートは、快適性、リラックスしたライディング・ポジションを提供し、軽い車重、低い重心、そしてオフロードを意識したタイヤにより、あらゆる状況における純粋なライディング・プレジャーを実現しています。

ドゥカティによって1960年代から70年代に製造されたアイコン的バイクは、「ポスト・ヘリテージ」と呼ばれるデザインによって現代的に解釈されました。ドゥカティ スクランブラーは、レトロバイクではありません。このモーターサイクルは、ドゥカティが、もしこの伝説的なモーターサイクルの生産を中断することなく続けていたら、どのようなバイクになったかを具現化しています。

イエローとレッドのカラーが用意された「アイコン」バージョンに加えて、「アーバン・エンデューロ」、「フル・スロットル」、「クラシック」という3つの異なるバージョンが用意され、それぞれがスクランブラーの精神を体現する独自のスタイルとパフォーマンスを備えています。“ワイルドグリーン”にペイントされた「アーバン・エンデューロ」は、その名の通りエンデューロ・スタイルを好むライダー向けで、都会のストリートから郊外のオフロードまで違和感なく溶け込むことができます。「フル・スロットル」は、物事を限界まで突き詰め、フラット・トラック・レースの世界に魅せられたライダーを念頭に置いています。「クラシック」は、ディテールにこだわる70年代スタイルの愛好家、ライディングの楽しみを犠牲にせず、現代的なバイクの快適さも手に入れたい方々を想定しています。

ヘッドライトと燃料タンクは、ドゥカティ スクランブラーの重要なスタイル要素となっています。丸く、クラッシックなデザインながらも非常にモダン(つまり「ポスト・ヘリテージ」)なヘッドライトは、パラボラ・ガラスと、リムを取り囲むように設置されてポジションライトの役割を果たす超モダンなLEDライトガイドを特徴としています。

シートと燃料タンクは、ドゥカティ スクランブラーのプロポーションをアピールするため、注意深くデザインされました。コンパクトなドゥカティ スクランブラーは、その姿を一目見た瞬間からライダーに自信を与えるでしょう。そのサイズは、すべてのライダーに親しみやすく、長いシートは、最高の快適性をライダーとパッセンジャーに提供します。

ドゥカティ スクランブラーには、オイルクーラー付き空冷L型2気筒 2バルブ803ccエンジンが搭載されます。ボア×ストロークは88mm×66mmで、あらゆる回転域にわたってスムーズな加速を実現するように改良が施されました。

さらに、11月には広範囲なアパレルおよびバイク・アクセサリーのラインナップが発表され、パーソナライゼーションとライフスタイルの無限の可能性が提供されます。

スクランブラーの名は、「スクランブル」という動詞に由来し、混ぜあわせ、ブレンドし、イマジネーションを解き放ち、他の人たちと共有することを意味しています。ドゥカティ スクランブラーは、ライダーの分身であり、それ自体が文化的な意味をもっています。それは、自由でポジティブ、反骨精神、他とは異なる哲学やスタイルとの出会いを求める魂の表現です。ドゥカティ スクランブラーは、単なるモーターサイクルではなく、1つの世界観を表現しているのです。

*リリース本文にある全ての諸元値はイタリア本国仕様
*日本導入時期、販売価格等は未定
ドゥカティスクランブラーの詳細な情報は、ウェブサイトまたは、スクランブラーFacebookページから入手可能です。また、ハッシュタグ(#scramblerducatiまたは#scrambleryouare)でコンテンツを共有することもできます。







DUCATI SCRAMBLER

■エンジン
・形式/L型2気筒 2バルブ デスモドロミック 空冷
・排気量/803cc
・ボア X ストローク/88 x 66mm
・圧縮比/12.8:111:1
・最高出力/75hp (55kW) @ 8,250rpm (イタリア本国仕様)
・最大トルク/68 Nm (50 lb-ft) @ 5,750 rpm (イタリア本国仕様)
・燃料供給装置/ミクニ製電子制御燃料噴射 53mm径スロットルボディフルライド・バイ・ワイヤシステム
・エグゾースト/ステンレスエグゾーストシステム、アルミニウム製サイレンサーカバー、触媒コンバーター、O2センサーx2
・排出ガス規制/ユーロ3
・ギアボックス/6速
・変速比/1速 2.461、2速 1.666、3速 1.333、4速 1.130、5速1.000、6速 0.923
・一次減速比/ストレートカットギア 1.85:1
・最終減速比/チェーン:フロント15T、リア46T
・クラッチ/APTC 湿式 ワイヤ式
・フレーム/トレリスフレーム
・ホイールベース/1,445 mm
・キャスター角/24°
・トレール/112 mm
・ステアリング切れ角/35°
・フロントサスペンション/カヤバ製41mm径倒立フォーク
・フロントホイールトラベル/150 mm
・フロントホイール/軽合金10本スポーク、3.00×18
・フロントタイヤ/ピレリ製MT 60 RS 110/80 R18
・リアサスペンション/カヤバ製プリロードアジャスタブル・リアショック
・リアホイールトラベル/150 mm
・リアホイール/軽合金10本スポーク、5.50×17
・リアタイヤ/ピレリ製MT 60 RS 180/55 R17
・フロントブレーキ/330mm径シングルディスク、4ピストンラジアルマウントキャリパー、ABS標準装備
・リアブレーキ/245mm径ディスク、1ピストンフローティングキャリパー、ABS標準装備
・燃料タンク容量/13.5L
・車両乾燥重量/170 kg
・車両重量※/186 kg
・シート高/790 mm、ローシート 770 mm(オプション)
・全高/1,150mm(ブレーキリザーバーを含む)
・全幅/845mm(ミラーを含む)
・全長/2,100-2,165mm
・インストルメント/LCD
・ドゥカティエレクトロニクス/デュアルチャネルABS
・新車保証/2年間
・バージョン/ビポスト
・その他の装備
スチールタンク:取り外し可能なアルミニウム製サイドパネル、ガラス製ヘッドライト、取り外し可能なアルミニウムカバー付きLEDガイドライト、LED拡散光テールライト、取り外し可能なアルミニウムカバー付きLCDインストルメントパネル、機械仕上げアルミニウム製タイミングベルトカバー、フロントホイール:18インチ、リアホイール:17インチ、シート下収納(USBソケット付)

【フォトギャラリー】2014年ドイツ・ケルン Intermot ニューモデル写真ギャラリーTOPへ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 性能復活だけじゃない遙かな高みの入口へ 【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾…
  2. 【PR】 ビッグバイクも自転車感覚 使い勝手と信頼性に納得! 【ビッグマシン・ゼ…
  3. 【PR】 高級感は圧倒的、走りもスポーティに進化する 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  4. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
ページ上部へ戻る