バイク旅の5つ道具

これから冬が訪れるまでの短い間は、1年の中でも最もバイクで走るのが気持ちいい、絶好のツーリングシーズンですね。私も仕事やプライベートを含めて月に何回かはツーリングに出かけますが、そのとき必ず持っていくモノがあります。勝手に「旅の5つ道具」などと名付けていますが、一応は何十年もバイクに乗ってきた経験から、私なりに厳選した装備なのでご紹介したいと思います。

1. レインウエア。これは天気予報が「晴れ」でも必須です。ツーリングでは山道を走ることも多いと思いますが、下界が晴れていても上は霧雨なんてこともよくあります。朝夕が冷えることもある季節なので、臨時の防寒着としても役立ちます。

2. パンク修理剤。出先で最も多いトラブルのひとつがパンク。特に人里離れた場所などでパンクしてしまうとお手上げ。自力で何とかスタンドのある街まで辿り着くのに必要です。夜間などでも簡単に使える「瞬間パンク修理剤」がおすすめ。

3. モンキーレンチ。別名アジャスタブルレンチと言い、アゴの幅を自由に調整できるのが特徴。出先ではレバーやミラーなどの小さいボルト・ナット類が緩むことが多いので、調整幅が20mm程度の小口タイプを持っていくと便利です。

4. 発炎筒。アクシデントが起きたとき恐いのが二次災害。ブラインドコーナーで転倒したバイクに後続車が突っ込むという最悪のパターンを防ぐためにも、発炎筒は効果的です。持ち運びも苦にならないサイズで、夜間やトンネル内でも目立ちます。

5. ファーストエイドキット。万が一のアクシデントで自分や仲間がケガを負ってしまったときに頼りになるのがコレ。消毒薬や包帯、絆創膏、三角巾、レスキューシートなどがワンパックになった携帯用タイプがおすすめです。

これらの装備が絶対ではありませんが、「お守り」のつもりで持っていれば、いざというときに安心です。ぜひ安全で楽しいツーリングを楽しんでください。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ■大会名 ルマン24時間耐久レース ■開催地 フランス・ルマン ■開催期間 …
  2. ユーザー:みなぎさん 車種名:SUZUKI GSX250S カタナ 期間:2017…
  3. 【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】 ドゥカティの「持ち味」「個性」の共通認…
  4. 多重クラッシュの中、唯一後ろを振りかえらずにチェッカー FIMアジアロードレース選手権 (…
ページ上部へ戻る