[YAMAHA]JMX Rd.7 平田が今季初優勝&総合優勝!

■大会名称:2014全日本モトクロス選手権第7戦近畿大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2014年9月14日(日)
■会場:名阪スポーツランド(奈良県)
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:晴れ
■観客:7,200人

8月の第6戦SUGO大会から約1ヵ月のインターバルを経て全日本モトクロス選手権が再開された。第7戦は、今季初の関西・奈良県でのレースとなる近畿大会。決勝日は秋晴れに恵まれ、絶好の観戦日。さらに3連休ということもあり7千人を超える多くの観客が熱戦を楽しんだ。YAMAHA YSP Racing Teamは、平田優が初日から好調をキープ。公式練習、そして公式予選ともにトップを獲得、さらに決勝では、第1ヒートこそ2位だったものの、第2ヒートで今季初優勝を飾って総合優勝を獲得した。一方、IA1の田中教世は東北大会での怪我の影響で欠場。IA2の渡辺祐介も、前回のSUGO大会での負傷が完治しておらず、今大会を欠場した。

IA1:平田が今季初優勝&総合優勝!

公式予選ベストタイム、そして予選トップと今大会好調をキープしてきた平田優。そして第1ヒートも、好調そのままに、第1コーナーで3番手とすると、すぐにトップの成田亮(ホンダ)に続き2番手からレースをスタートする。その1周目からハードに攻めた平田は、成田をパスしトップで2周目へ。さらに、成田が2周目に入った直後に転倒し、平田はアドバンテージを確保する形でその後もトップをキープするが、そこから簡単にはいかないのが国内最高峰のIA1クラス。新井宏彰(カワサキ)、転倒からすぐに復帰した成田が、平田の独走を阻止すべく背後に食らいつく。そして6周目、2番手に浮上した成田に詰められ逆転を許してしまう。

そこから平田も一歩も引かず、テールに張り付きアタックを繰り返すが攻略できず、終盤に離されてしまい2位でチェッカー。これで、平田は前回のSUGO大会から3ヒート連続で2位となった。なお3位は、三原拓也と新井のカワサキ対決となったが、新井が先行して3位を獲得した。

初優勝に向けて臨んだ第2ヒート、スタートは集団に飲み込まれたかに見えたが、第1・2コーナーを上手くこなして4番手、さらに順位を上げ、星野優位(ホンダ)、三原に続く3番手で1周目を終える。

後方に新井、成田などのライバルが控えているだけに、早めにトップを奪いたい平田は、2周目に三原、3周目に星野を捉えトップに浮上すると、そこから一気にペースアップ。後方では、成田が2番手に浮上しており、第1ヒートと同様のバトルも予想されたが、平田のペースはライバルたちを上回り、後方を引き離して独走体制を築く。その後は、後方のペースに合わせるなど、完全にレースをコントロールして他を寄せ付けず、会心のガッツポーツで今季初優勝&総合優勝を獲得し、ランキングでも前回の7位から一気に5位へ躍進した。なお、2位は混戦を制した新井、3位は成田となった。

IA2:安原志が5/6位で総合5位を獲得

渡辺が欠場したIA2クラスだったが、第1ヒートは、地元関西の安原志(名阪レーシング)が5位入賞を果たした。スタートで両隣のライダーと接触して出遅れた安原は、1周目を15番手とするがここから着実に挽回。5周目には11番手、10周目に6番手とすると、さらに5番手を走るサンタナ・ルカス・ケンジ(ホンダ)に照準を合わせてマシンをプッシュ。14周目に抜去ると、そのまま5位入賞を果たした。

優勝は、序盤から独走した富田。2位は能塚千寛(カワサキ)、田中雅己(ホンダ)、勝谷武史(カワサキ)の争いとなったが、勝谷が抜け出して2位、能塚、田中の3位争いは能塚に軍配が上がった。

第2ヒート、安原は中盤あたりでスタートすると10番手で2周目へ。第1ヒート同様に、序盤から攻勢に出て7周目には5番手まで挽回する。しかし、後方から竹中純矢(スズキ)の追い上げにあって6番手に後退。その後は安定した走りでポジションを守り6位となった。

なおトップ争いは、中盤まで勝谷と富田がテール・トゥ・ノーズのバトルを繰り広げたが、13周目に富田がトップに立つと、勝谷を引き離して優勝。2位は勝谷、3位はまたしても田中と能塚のバトルとなったが、能塚が後半に逆転し3位を獲得した。

レディース:安原が転倒からの逆転で3位を獲得

ここまでランキング2位の安原。地元名阪での今季初優勝を目指して臨んだ決勝だったが、スタートで多重クラッシュに巻き込まれて転倒。再スタートまでに時間がかかり、後方からの追い上げとなる。ところが、1周目のうちに14番手とすると、その後もライバルたちをかわしてポジションをアップし、5周目には7番手とする。

さらにここから圧巻の走りを披露。ペースの速い上位陣が相手になっても着実に順位を上げて7周目には3番手に浮上。トップの竹内優菜(ホンダ)、2位の畑尾樹璃(カワサキ)には届かなかったが、後方を引き離してチェッカーを受け3位表彰台に立った。ここまで安原は、中止となった第4戦を除くすべてのレースで表彰台を獲得しており、残り2戦での表彰台獲得による、シーズン全レースでの表彰台登壇が期待される。

コメント
■IA1:平田優選手談(2位/優勝:総合優勝)
「第1ヒートは、これまで成田選手に先行されることが多かったので、なんとか違う展開にしたいと1周目からハードに攻め、成田選手に少しミスもあって前にでることができました。2周目、後ろから音が聞こえなくなったので、実際は転倒していたようですが、離れたのだと思い油断が生じました。本当であれば、そこでプッシュすべきだったのに、結局は追いつかれ逆転を許してしまいました。2周目の油断で勝負が決していたのかもしれません。
そのため、第2ヒートに向けては気持ちのゆるみに対して意識して臨みました。スタートは遅れたのですが、コーナーで前に出ることができ、成田選手が遅れていたこともあって早めに前に出ようと考えていました。3周目でトップに立てたので第1ヒートの教訓を生かしプッシュ。それで後ろを離せたので、後はレースをコントロールしながら、理想の展開に持ち込めました。ようやく勝てて、今までサポートしてくれたチームやYSP応援団をはじめとするファンの皆さまなどに、恩返しができたと思います。後は、昨年2勝なので、残り2戦で昨年を超える勝利数を残せるようにがんばります」

■豊岡範幸監督談(YSP福井南社長)
「第1ヒートは、非常に良いレースをしていただけに、逆転されての2位は、本人同様、私も本当に悔しい思いでした。しかし第2ヒートは、その悔しさを一掃してくれる、胸のすくような走り、そして勝利を獲得してくれ、本当にうれしかったですね。今日の走りを見る限りでは、残り2戦4ヒートも好成績が期待できますし、常に表彰台に立ち続けてくれることと思います。できれば今回同様、優勝も獲得し良い結果でシーズンを締めくくってくれることを期待します。また、今回はチームメイトの田中選手、渡辺選手が欠場しました。彼らの今後は現状未定ですが、ともに早期の復帰を目指していますので、その時は、平田選手とともに、大きな応援をお願いできればと思います」

■レディース:安原さや(3位)
「今回、優勝できなければチャンピオンはなかったため、クラッシュに巻き込まれる形で転倒してしまった瞬間に、落ち込んでしまいました。ただ、すぐに復帰できたこともあり、できることはすべて出し切ろうと切り替え、また走行中に調子の良いライダーの数人が転倒していたのも確認できたので、目標を表彰台に定めました。結果的に3位になれたことは評価できますが、やはり転倒が悔やまれます。これでチャンピオンの可能性はなくなりましたが、今シーズンはここまですべてのレースで表彰台に立っているので、残りの2戦も表彰台、できれば優勝を目指してがんばります」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る