【新車】apriliaからデュアルパーパスモデルCAPONORD 1200 TRAVEL PACK登場 フェアも開催

ピアッジオグループジャパンは、アプリリアブランドの全く新しいデュアルパーパスモデル「CAPONORD 1200 TRAVEL PACK(メーカー希望小売税込価格199万8,000円)」を9月より発売開始する。

以下プレスリリースより

日本初上陸となる本モデルは、スリムでコンパクトなアプリリアらしいデザインの中に、セミアクティブサスペンションやトラクションコントロールなど最新の電子制御機能を搭載した、デュアルパーパスマシンです。本モデルの発売にともない、同じくアプリリアの最新モデルである「Tuono V4R APRC ABS」「SRV850 ABS-ATC」、を加えたデビューフェアを、9月26日(金)から10月13日(月・祝)の期間、全国のアプリリア正規販売店にて開催いたします。

CAPONORD 1200 TRAVEL PACK
CAPONORDはアプリリアが最高峰のレースシーンで培った技術を余すところなく投入し、これまでににない豊富な機能性を持ったデュアルパーパスモデルです。125HPを発揮するV型2気筒エンジンや、高い剛性と快適性を両立するトラス構造鋼管フレーム、強力な制動力を発揮するブレンボ製モノブロックラジアルマウントブレーキキャリパーの採用など、基本パッケージの充実もさることながら、あらゆる局面でライダーに安全性と快適性を提供するべく投入された、豊富な電子制御システムも大きな魅力です。

今やアプリリアのトレードマークとも呼べるライド・バイ・ワイヤ・システムによる3タイプのエンジンマッピング操作や、路面状況に関わらず最適なトルクを地面に伝えるaTC(トラクションコントロール)、2チャンネルABSなどに加え、CAPONORDでは、aDD(電子制御セミアクティブサスペンション)とaCC(クルーズコントロール機能)を新たに実装しました。aDDは、路面状況やライダーの操作情報(スロットルの開閉、ライディングポジション、ブレーキキング)を正確に感知して、フロントフォークとリアダンピングの設定を瞬時に自動調整するセミアクティブサスペンションシステムです。同システムによって車体のピッチングの抑制や、ハンドリング性能、安全性の向上を実現し、ライダーにこれまでにない快適性を提供します。さらに、設定した速度を自動的にキープするaCCを搭載することで、アップダウンの激しいルートでも煩雑なスロットル操作から解放され、長距離走行時であってもライダーのストレスを大幅に低減します。これら複数の電子制御に加え高さ調整可能なウインドシールドやサイドケースを標準装備。ライダーのあらゆるニーズに応え、あらゆる旅へと誘う1台です。

▼フォーミュラレッド

▼グラムホワイト

▼コンペティションブラック

新機能

■アプリリア・ダイナミック・ダンピング】
路面状況や操作内容(加速、ライディングポジション、ブレーキ等)に基づき、前後のサスペンションダンピング設定を瞬時に自動調整するセミアクティブサスペンションです。このシステムの採用により、ライダーとパッセンジャーが感じる垂直方向の振動加速度を最小限に抑えられ、高い快適性が得られます。また、あらゆる状況下で、マシンのバランスがベストな状態に保たれることで、ハンドリング性能も向上。さらに乗車人員、荷物の積載状況に関わらず、最適なバランスがキープされ、安全性も高まります。ショックアブソーバーのスプリングのプリロード調整は、4つのプログラムモード(1:ライダーのみ 2:ライダー+パッセンジャー 3:ライダー+サイドバッグ 4:ライダー+パッセンジャー+サイドバッグ)と自動調整モードの選択が可能で、自動調整モードを選択すれば、アプリリア・ダイナミック・ダンピングのコントロールシステムがリアの高さを常時検知して自動的にプリロードを調整し、最適な車高値に補正しつづけます。

■アプリリア・クルーズ・コントロール】
設定した速度を自動的にキープして、アップダウンの激しいルートでもライダーを煩雑なスロットル操作から解放します。速度制御は、クラッチ、ブレーキ、クルーズコントロールボタンいずれかの操作で解除できます。この機能が特に実力を発揮するのは長距離走行時。燃料消費を抑え、ライダーのストレスを軽減します。

その他の機能

■アプリリア・トラクション・コントロール
RSV4に搭載されているアプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール(APRC)システムをベースに開発された高精度なトラクションコントロールシステムです。あらゆる路面状況においても、最大限のグリップを得るべく設計され、ライダーに大きな信頼を与えると同時に、ライディングの安全性を高めることができます。LEVEL 1〜3の3種類のコントロール介入度設定によって、ライディングスタイルや路面の状況に基づいて調整することができます。

■ライド・バイ・ワイヤ
エンジンレスポンスを電子制御する先進のシステム。エンジンブレーキの作動状況、最高出力、スロットルレスポンスなど走行時の各パラメータをもとに、エンジンの出力特性を自在に調整。1台に3つのマシンの性能を搭載したような劇的な走りの変化を実感できます。エンジンマップは、スムーズなレスポンスの「ツーリング」、素早いレスポンスの「スポーツ」、出力を100HPに制限する「レイン」の3つのモードから走行中に選択します。

■ABS
最新鋭のコンチネンタル社製2チャンネルABSシステムが装備されます。フロントとリアそれぞれのブレーキに独立して作動し、搭載されたその他電子制御システムの設定に関わらず解除が可能です。

CAPONORD 1200 TRAVEL PACK主要諸元

・エンジン 4ストローク水冷 90°V型2気筒 DOHC 4バルブ
・総排気量 1,197 cc
・ボア / ストローク 106 mm / 67.8 mm
・圧縮比 12.0 : 1
・最高出力 125 HP (91.9kW) / 8,250 rpm
・最大トルク 114.8Nm (11.7kgm) / 6,800 rpm
・燃料供給方式 電子制御燃料噴射システム 3マップ ライド・バイ・ワイヤ
・点火方式 電子制御イグニッションシステム
・潤滑方式 ウェットサンプ式
・始動方式 セルフ式
・トランスミッション 6速リターンタイプ
・クラッチ 油圧式湿式多板クラッチ
・フレーム トラス構造鋼管フレーム+アルミニウム サイドメンバー
・フロントサスペンション テレスコピック倒立フォーク 43 mm フルアジャスタブル ホールトラベル:167mm aDD(aprilia Dynamic Damping) 電子制御ダンピングマネージメント
・リアサスペンション 油圧式 モノショックアブソーバー アルミニウムスイングアーム ホイールトラベル:150mm aDD(aprilia Dynamic Damping) 電子制御スプリングプリロード+ダンピングマネージメント
・フロントブレーキ 320 mm ステンレス製ダブルディスク brembo製ラジアルマウントモノブロック4 ピストンキャリパー 2チャンネルABSシステム
・リアブレーキ 240 mm ステンレス製シングルディスク brembo製シングルピストンキャリパー 2チャンネルABSシステム
・タイヤ 120/70 ZR17(フロント)、180/55 ZR17(リア)
・全長 / 全幅 / 全高 2,245 mm / 1,000 mm / 1,440 mm
・ホイールベース 1,555 mm
・シート高 840 mm
・燃料タンク容量 24 L
・車両重量 265 kg (パニアケースを含む装備重量)

CAPONORD 1200 TRAVEL PACK / Tuono V4R APRC ABS / SRV 850 ABS-ATCデビューフェア開催
全国のアプリリア&モト・グッツィの専売店であるモト・イタリアーナ店およびa・Mショップ、マルチショップにて、上記アプリリア最新3モデルのデビューフェアを実施いたします。本キャンペーンでは9月26日(金)〜10月13日(月・祝)の期間中、全国の正規販売店にご来店の上、アンケートにご記入いただいたお客様にアプリリア特製ボールペンをプレゼントいたします。

※モト・イタリアーナ店は、統一されたCI基準に基づいたアプリリア、モト・グッツィの専売店の名称です。
※a・Mショップは、アプリリア、モト・グッツィの正規取扱店の名称です。

お客様お問い合わせ先:
ピアッジオコール 050-3786-2635

関連記事

編集部おすすめ

  1. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  2. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  3. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  4. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
ページ上部へ戻る