[YAMAHA]MotoGP Rd.12 予選 ロレンソが3位でフロントロウを獲得

モビスター・ヤマハ・MotoGPのJ・ロレンソが予選3位を獲得。チームメイトのV・ロッシは6位で2列目を確保した。

ロレンソは真っ先にコースインしようとピットレーンの出口で待機。最初のアタックで2分01秒798を記録し、その次のラップで2分01秒771へと更新して2位に上がった。残り6分半でピットに戻りタイヤを交換。素早くコースに戻ると2分01秒175を記録してトップに浮上した。そのまま終盤まで暫定ポールのポジションをキープしたが、最後のタイムアタックでライバルたちが上回り、ロレンソは3位となった。

一方のロッシもスタート早々からペースアップ。まもなく2分02秒台の壁を破る2分01秒893を記録。そのあとすぐにピットに戻り、残り5分で再びコースに復帰すると、ペースをつかんで2分01秒550へと更新した。このタイムで6位、セカンドロウを獲得。

モンスター・ヤマハ・テック3のB・スミスは地元ファンの前で好調な走りを披露。予選7位獲得と健闘した。昨日から好調のスミスは、今日も勢いをそのままに、フリープラクティス第3セッションで2分02秒605を記録して8位。これで直接Q2に進出し、その最後から2ラップ目で2分01秒593まで更新して7位とした。フロントロウまであとコンマ4秒という僅差。明日の決勝では、ホームGPでの活躍が期待される。

またチームメイトのP・エスパルガロもスミスに続く8位獲得と大健闘。依然としてセッティング作業に専念しながら、フリープラクティス第3セッションでは2分02秒365の好タイムでトップからコンマ5秒差。これで6位につけてQ2に進出した。Q2では2分01秒747と、スミスにわずか0.154秒届かず8位。明日の決勝ではグリッド3列目の真ん中から、ランキング7位をより確実にするための戦いに挑む。

NGMフォワード・レーシングのA・エスパルガロがまたも快挙。予選で2分01秒448を記録して4位を獲得した。ポールポジションのM・マルケスとの差は0.619秒。明日の決勝はグリッド2列目の1番目、D・ペドロサ、ロッシと並んでスタートすることとなった。ウイーク初日は苦労しただけに、ラップタイムにも満足して決勝に自信を見せている。

一方、チームメイトのA・デ・アンジェリスは、マシンに不具合があり思うように攻めることができなかった。そのなかでも全力を尽くし、ハード・コンパウンドのタイヤで2分03秒686を記録して17位。明日は6列目からスタートする。

■コメント
モビスター・ヤマハ・MotoGP
J・ロレンソ選手談(予選3位/2分01秒175)

「かなりいいタイムが出たので満足しているよ。限界までプッシュして、その結果、最終ラップには1ラップ目よりコンマ6秒も速くなっていたんだ。フロントにソフト・コンパウンドのタイヤを履き、それがマシンに合っていたようだ。これを明日も使えればいいけれど、決勝は長い戦い。硬めのタイヤでももっと気分良く乗れるようにするために、明日のウォームアップでマシンをもう少し改善していかなければならないだろう。
今シーズンはエンジンとクラッチが変更され、フィーリングも変わっているので、去年と同様のスタートは難しくなっている。グリッド3位の位置は1コーナーへ向かってイン側に寄り過ぎていてベスト・ポジションとは言えないが、やはりセカンドロウよりはフロントロウのほうがいい。十分に良い位置につけたのだから、あとは明日の朝にもう少しマシンを改良して決勝ではトップグループに加わりたい」

V・ロッシ選手談(予選6位/2分01秒550)
「6位に留まったけれど、心配よりは満足のほうが大きいんだ。なぜならプラクティスではもっといい走りができていて、上位を争うことができるとわかっているから。それにマシンは昨日に比べてかなり良くなっている。予選結果に100%満足だとは言えないけれど、2列目からのスタートはそんなにひどくない。コーナー進入のブレーキングのところでいくらか気になるところがあるので、明日までにそのあたりを改善したい。昨日はマシンのバランスが悪く、フロントタイヤにも問題があって、とくにコーナリング中は路面の凹凸にかなり影響されてしまった。でも今日はチームがセッティングを改良してくれたことでバランスも良くなり、ラップタイムも大幅に短縮することができたんだ」

M・メレガリ、モビスター・ヤマハ・MotoGP、マネージング・ディレクター談
「昨日までのことを考えれば、今日の予選で1列目と2列目を確保できたことは上々の出来と言っていいだろう。チームが夜を徹して懸命に作業を行い、また今日の午前中も費やして初日の問題を解決。その結果こうして、予選では戦闘力の高いマシンをホルヘとバレンティーノに与えることができたのだ。ハード・ブレーキングの場所が2、3か所あって、そこがパッシング・ポイントとなるが、今のふたりなら必ず良い戦いができる。もちろん、さらに改善するチャンスも残されているので、今晩、そして明日のウォームアップでもうワンステップ前へ進みたい」

モンスター・ヤマハ・テック 3
B・スミス選手談(予選7位/2分01秒593)

「最後の最後でバレンティーノに抜かれ、6位を獲り損ねてしまったのは少し残念。でも実は7位はとてもいい場所なんだ。3列目の最初ということは、第1コーナーにアウト側から向かっていくことになるが、僕は大きく回り込んでいくことで次の第2コーナーでイン側につけることができる。そこで前へ出てトップについていくという作戦だ。
もちろん、ひとつでも上がいいに決まっているし、もしもファクトリーバイクより前へ出られれば、もっとうれしいけれど、今日は収穫がたくさんあったので満足。明日は母国イギリスのファンに素晴らしい走りを見せられるように頑張るよ。いつものように懸命に作業に取り組み、僕の大きなプレッシャーを取り除いてくれたチームのみんなに感謝している」

P・エスパルガロ選手談(予選8位/2分01秒747)
「ブラッドリーはもっと上を狙っていたと思うけれど、今日の僕らは残念ながらそこまで届かなかった。このコースは本当に難しい上にとても長いので、もしもコーナーごとに少しずつ遅れれば、1周後には大きな差になってしまう。今日は最高の出来というわけにはいかず、午前中のフリープラクティスでは、とくに第4セクションの高速コーナーで苦労した。この部分を中心に、明日までにさらに改善して決勝に備えたい。
コースのすべての場所で、第1、第2セクションと同じように走ることができたら、明日はきっと表彰台争いができるだろう。もしそうならないとするなら、どんな展開が待っているのか想像がつかない。レースはときに、予想とはまったく違うものになったりするからね。少なくともいつもと同様、スタートをしっかり決めることが重要。そうすれば上位についていける可能性が残され、彼らがT3やT4でどんな走りをするのか見ることもできるだろう。シルバーストーンは大好きなコースなので、とにかくレースをエンジョイしたい。そして好成績を狙いたい」

NGMフォワード・レーシング
A・エスパルガロ選手談(予選4位/2分01秒448)

「今日のベストラップにはとても満足しているよ。シルバーストーンは難しいコースで、その上、気温が低かったこともあってマシン・セッティングがなかなか決まらなかった。フリープラクティスではフロント周りに課題が残っていたが、予選では素晴らしいタイムが出たので自信がついた。3位まであとほんの少しだからね。タイヤに関しては、このコースではとくに重要になるが、たぶんソフト・コンパウンドを使うと思う。いつもの僕なら硬めのほうが好みだけれど、ここは寒いから安全策をとりたい」

A・デ・アンジェリス選手談(予選17位/2分03秒686)
「予選中にマシンに不具合が出て、思い通りにプッシュすることができなくなってしまった。そのことは残念だったけれど、ハード・タイヤでベストラップが出たことはうれしかったんだ。セッションごとに、走るたびに調子が上がって来ているので、明日の決勝も楽しみにしている」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る