[HONDA]ラリー・ドス・セルトエス Stage4 ゴンサルヴェス選手が今大会の最長ステージで優勝

ゴンサルヴェス選手が今大会の最長ステージで優パウロ・ゴンサルヴェス選手(Team HRC)は、ラリー・ドス・セルトエス第4ステージで優勝しました。ゴンサルヴェス選手はステージ序盤から快走し、総合首位との差を縮めました。チームメートのエルダー・ロドリゲス選手も安定した走りをみせ、ステージ3位で完走しました。

ラリー・ドス・セルトエスの中間点となる第4ステージは、赤みがかったブラジルの空を背景に、さまざまな路面で戦われました。パラカトゥからスタートし、125km地点からは雨風にさらされ、荒れ放題の狭く固い路面を走行。ラリー最長となる363.85kmのスペシャルステージをフルスロットルで駆け抜けました。途中、砂ぼこりや小川、浅瀬といったバラエティー豊かなコースを走破して、サン・フランシスコ川をフェリーで渡り、ゴール地点のサン・フランシスコに到着、全長585.30kmのステージが終了しました。

Team HRCは、ステージ優勝と3位を獲得し、ゴンサルヴェス選手はここまでで3度スペシャルステージ最速タイムを叩き出しました。優勝しか眼中にないゴンサルヴェス選手は、若干のミスでタイムロスがあったにもかかわらず、第4ステージで優勝し、コマ選手とのタイム差を1分15秒短縮して2分差まで迫りました。

ロドリゲス選手も安定したパフォーマンスでステージ3位。4位フィニッシュのジェアン・アゼベド選手(Honda Brazilチーム)との差を縮めることに成功しました。

明日は、マラソンステージが待ち受けています。マシンの整備が一切許されず、レースが終わるとマシンを車両保管所に収容するルールで、その分、マシンの準備が重要となるだけでなく、ステージ中はマシンを酷使しない走りが求められます。

■コメント
パウロ・ゴンサルヴェス選手(第4ステージ/優勝、総合2位)
「かなりいい一日でした。3番手スタートからプッシュしました。途中で小さなミスがあり、一瞬集中力が途切れてタイムロスをしましたが、終盤は全力で走り、ステージ優勝できました。マシンもチームも絶好調で、本当にいい状況です。ちょうど中間点にさしかかりました。ここから数日間、戦い続けます」

エルダー・ロドリゲス選手(第4ステージ3位、総合4位)
「今日は、非常に長いステージでした。岩、砂、固い路面、ナビゲーション、とにかく長い一日でした。スタートで少しタイムロスはありましたが、全力でプッシュしていいペースを作って、終盤戦ではいいタイムで走ることができました」

ウルフギャング・フィッシャー | Team HRC チーム監督
「今日は360kmにも及ぶ、このラリーで最長のスペシャルステージでした。ゴンサルヴェス選手はステージ優勝を果たし、ロドリゲス選手もポディウムと、両選手とも着々とポジションアップしています。
総合順位でも、ロドリゲス選手はあと少しでポディウムに届きますし、ゴンサルヴェス選手は優勝を狙っています。あと3日、がんばります。マシンはなんら問題なく、ライダーたちもチームも士気が高い状態です。
今日の夜は、メカニックたちが明日から2日間にわたるマラソンステージに向けて、入念にマシンの準備をします。マラソンステージでは、メカニックがマシンの整備をすることが禁止となります。ライダーたちはキャンプに泊まり、マシンも車両保管所に収容されます」

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  2. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
  3. スズキの社員ライダーとして活躍し、日本の二輪車レースの発展に貢献 スズキの社員ライダー…
  4. ドレミコレクションから、Z900RS用ローハンドルバー「Dコンチハンドル」が登場した。 ス…
ページ上部へ戻る