[SUZUKI]WEC Rd.3 SERT(スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム)がEWCクラス4位獲得

8月23日、ドイツで開催されたFIM世界耐久選手権シリーズ第3戦 オッシャースレーベン8時間耐久レースで、ディフェンディングチャンピオンであるSERT(スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム)が、序盤クラッシュに見舞われたもののその後の猛追によりクラス4位、総合6位を獲得した。

第1ライダー アンソニー・デラールのオープニングラップでの転倒によって、SERTのスズキGSX-R1000はピットでの修理を余儀なくされたが、直ちに修復が施されて再スタート、その時点でトップから5ラップの遅れを挽回すべく、速やかにペースを立て直した。

その後、デラールとヴァンサン・フィリップ、エルワン・ニゴンの3ライダーによる力走で287ラップをマークしたSERTは、トップから4ラップのビハインドでEWCクラス4位フィニッシュ。これによりシリーズランキングは、これまでの10位から5位へと浮上した。

優勝はHonda Racing(ホンダ)、2位にポイントリーダーのYamahaRacingGMT94(ヤマハ)、3位にはTeam Bolliger Swizterland(カワサキ)が入った。

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る