[KTM]AMA MX Rd.12 ロクツェンが450デビューイヤーにシリーズチャンピオンを獲得

ユタ州トゥーイルで開催された『2014AMAモトクロス/最終戦(第12戦)ユタ』。Red Bull KTMファクトリーチームから450MXクラスに参戦した#94/Ken Roczen(ケン=ロクツェン)は3-4の総合4位。これにより450クラス参戦初年にシリーズチャンピオンを獲得しました。

またチームメイトの#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は2-2で総合2位。ポイントスタンディングスでも2位となり、KTMライダーが2014年シリーズ450クラスで1-2を達成しました。
250MXクラスの#25/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)は4-5の総合5位。ポイントスタンディングス4位でシーズンを終えました。

■450MXクラス
モト1で好スタート切ったKTMライダーたち。ロクツェンは早々に2位をキープするとダンジーがそれに続きます。それから2人は何度も順位を入れ替えながら周回を重ね、その激しいバトルは最終ラップまで続きました。そしてチェッカーフラッグが振られたときダンジー2位、ロクツェンに3位でゴールラインを通過しました。

迎えたモト2。そのスタートはモト1と同じ、ロクツェン2位/ダンジー3位。しかしダンジーは5周目にロクツェンをかわし2位に上がると、そのままの順位をキープしてチェッカー。2-2の総合2位でレースを終えました。一方ロクツェンは慎重にレースを運び4位でフィニッシュ。3-4で総合4位となり、ドイツ人として初めてAMA-MXでシリーズチャンピオンを獲得しました。

ロクツェンのコメント:
「興奮と緊張が入り交じっていた。そのせいか上手くプッシュが掛けられず、そこからは意識を変え、チャンピオン獲得に徹することにした。家族や友人、そしてチームに感謝している。彼らに支えられたおかげでチャンピオンを獲得することができた。本当に嬉しい」

■250MXクラス
モト1。好スタートを切ったムスキャン。スタートゲートを飛び出したときは4位に付けていましたが、ファーストラップをクリアしたときは8位にポジションダウン。そこからプッシュを掛けレース中盤には3位にまでポジションをアップします。しかし終盤、B・バジェット(カワサキ)に追いつかれるとそれを抑えることができず4位に転落。そのままチェッカーとなりました。

続くモト2。ムスキャンは4位でファーストコーナーを通過。翌周には3位に上がり、一度は2位にポジションをアップ。しかしライバルたちとの激しいバトルの末5位に転落。そこから賢明にポジションアップを図るもならず、そのまま5位でフィニッシュ。4-5の総合5位でレースを終えました。

ムスキャンのコメント:
「最終戦は表彰台で終えたかった。その目標が達成できなかったのがとても残念だ。前半は思うようなレースができなかったが、シリーズを終え、結果的には悪くなかった」

■450MX/MOTO1 結果:
1. Trey Canard
2. Ryan Dungey – KTM
3. Ken Roczen – KTM
4. Eli Tomac
5. Josh Grant

■450MX/MOTO2 結果:
1. Trey Canard
2. Ryan Dungey – KTM
3. Eli Tomac
4. Ken Roczen – KTM
5. Brett Metcalf

■450MX総合
1. Trey Canard
2. Ryan Dungey – KTM
3. Eli Tomac
4. Ken Roczen – KTM
5. Brett Metcalf

◎450MX/ポイントスタンディング /ポイントスタンディング ポイントスタンディングス
1. Roczen (KTM) 532points(2014Series Champion)
2. Dungey(KTM) 518
3. Canard 468

■250MX/MOTO1 結果:
1. Jeremy Martin
2. Cooper Webb
3. Blake Baggett
4. Marvin Musquin – KTM
5. Christopher Alldrege

■250MX/MOTO2 結果:
1. Jeremy Martin
2. Justin Bogle
3. Blake Baggett
4. Cooper Webb
5. Marvin Musquin – KTM

■250MX総合
1. Jeremy Martin
2. Blake Baggett
3. Cooper Webb
4. Justin Bogle
5. Marvin Musquin – KTM

◎250MX/ポイントスタンディング /ポイントスタンディング ポイントスタンディングス
1. Martin 500point(2014Series Champion)
2. Baggett 421
3. Webb 419
4. Musquin (KTM) 408

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る