[Racing Heroes]JRR Rd.5 J-GP2 レポート

全日本ロードレース第5戦ツインリンクもてぎ。決勝レースが行われました。最後の最後まで目が離せないドキドキハラハラの展開でした!

ポールポジション獲得した高橋選手がホールショットを奪い、序盤から飛ばして独走態勢を築き、浦本選手、生形選手が猛追します。レース後半になるとブリヂストン勢が追い上げてくるのがわかっていたので序盤に貯金を作ろうと考えていたそうですが、10周目の第5コーナーで高橋選手はあわやハイサイド!のヒヤリとする場面がありました。

なんとか立て直しますがそれまで4秒あった浦本選手との貯金が一気に2秒近くまで減ってしまいます。浦本選手は54秒台で追い上げ、ラスト2周でついには高橋選手の真後ろまで付けます。しかし高橋選手がそのままチェッカー!今季3度目のポール・トゥ・ウィン!を達成します。浦本選手との差はわずか0.221秒の大接戦でした。

決勝レース 上位10位結果
優勝:高橋裕紀選手 MORIWAKI RACING
2位:浦本修充選手 MuSASHi RT HARC-PRO.
3位:生形秀之選手 エスパルスドリームレーシング
4位:渡辺一馬選手 テルル&EM★KoharaRT
5位:岩田悟選手 NTST.ProProject
6位:Decha KRAISART ヤマハタイランドRT
7位:関口太郎選手 Team TARO PLUSONE
8位;亀谷長純選手 MuSASHi RT HARC-PRO.
9位:星野知也選手 SYNCEDGGE 4413Racing
10位:高橋英倫選手 桜プロジェクト PITCREW&松戸F

photo & text : koma

全日本ロードレース第5戦ツインリンクもてぎ。公式予選が行われました。序盤は井筒仁康選手がリーダーボードのトップに立ち、高橋裕紀選手、生形秀之選手、浦本修充選手が続きます。

残り時間10分を切ったところでニューフレームの感触が良いと言う高橋選手がスパート!1分53秒414と自身が持つコースレコードを更新できませんでしたがポールポジション獲得です!2番手に地元の声援を受けて頑張る渡辺一馬選手、3番手は井筒仁康選手でした。

予選 上位10位結果
ポールポジション:高橋裕紀選手 MORIWAKI RACING 1`53″414
2 : 渡辺一馬選手 テルル&EM★KoharaRT 1`53″744
3 : 井筒仁康選手 Will-Raise Racing RS-ITOH 1`53″847
4 : 浦本修充選手 MuSASHi RT HARC-PRO. 1″53″994
5 : 小山知良選手 NTST.ProProject 1`54″600
6 : 関口太郎選手 Team TARO PLUSONE 154″870
7 : 高橋英倫選手 桜プロジェクト PITCREW&松戸F 1`55″012
8 : 生形秀之選手 エスパルスドリームレーシング 1`55″031
9 : Decha KRAISART ヤマハタイランドRT 155″130
10 : 岩田悟選手 NTST.ProProject 1`55″166

photo & text : koma

全日本ロードレースの後半戦がここ、ツインリンクもてぎで開幕しました。今回はSUPER FORMULAとの併催「MOTEGI 2&4 RACE」です。8月22日(金)A.R.Tスポーツ走行が開催されましたが1本目は計時システムトラブルのため計測できずすみませんでした。2本目の結果は以下の通りです。

A.R.Tスポーツ走行2本目
1: 生形秀之選手 エスパルスドリームレーシング 1`54″089
2 : 浦本修充選手 MuSASHi RT HARC-PRO. 1″54″412
3 : 高橋裕紀選手 MORIWAKI RACING 1`54″430
4 : 渡辺一馬選手 テルル&EM★KoharaRT 1`54″963
5 : 関口太郎選手 Team TARO PLUSONE 1`55″337
6 : 小山知良選手 NTST.ProProject 1`55″547
7 : 渥美心選手 テルル&EM★KoharaRT 1`55″587
8 : 岩田悟選手 NTST.ProProject 1`55″587
9 : 井筒仁康選手 Will-Raise Racing RS-ITOH 1`56″033
10 : 高橋英倫選手 桜プロジェクト PITCREW&松戸F 1`56″259

photo & text : koma

関連記事

編集部おすすめ

  1. 「バイク用のライディングブーツ」、みなさんはこのキーワードを聞いて、どのようなブーツを想像し…
  2. 2018年7月12日の発売を控えた新型モンキー125のカスタムマシンが、4月29日に開催され…
  3. ヤングマシン4月号(2月24日発売)で紹介したSP忠男のZ900RS用フルエキゾーストがつい…
  4. MFJは、東北復興の応援を目的としたツーリングイベント「走ろう東北!MFJ 東北復興応援ツー…
ページ上部へ戻る