[MFJ]JRR Rd.5 J-GP2 生形秀之がトップタイムスタート!

第5戦MOTEGI 2&4レース ART走行

朝から、うだるような湿気を伴う厳しい暑さとなったツインリンクもてぎでシリーズ後半戦、最初の走行がスタートした。今回、全日本ロードレース選手権は、J-GP2クラスのみ。このクラスでは、5月の第3戦以来2度目の開催となる。

8時30分から1回目のセッションが、11時55分から2回目のセッションが、それぞれ40分間で行われたが、2回目は、途中で赤旗中断があり、5分延長された。

各ライダーとも1回目は、マシンやコンディションを確かめながら徐々にペースを上げて行く。2回目のセッションでトップタイムをマークしたのは、生形秀之だった。タイムは1分54秒089だった。
「思ったよりグリップがよくなくタイムも出ていませんね。それでもトップタイムだったということは、みんなグリップが出せない状態だと思う。ただ、その中でも、まだまだ詰めて行かなくちゃいけない部分があるので、明日、明後日といいリザルトを残せるようにしたいですね」と生形。

2番手に浦本修充が1分54秒412、3番手に高橋裕紀が1分54秒430、4番手に渡辺一馬が1分54秒936と続き、ここまでが1分54秒台をマーク。以下、関口太郎が1分55秒337、小山知良が1分55秒347、渥美心が1分55秒547、岩田悟が1分55秒587と1分55秒台で続いている。暫定ランキング2番手の井筒仁康は、1分56秒033で9番手だった。

◎ツインリンクもてぎ公式サイト/特設サイト
http://www.twinring.jp/2and4/

◎ツインリンクもてぎ公式サイト/チケットページ
http://www.twinring.jp/ticket_m/2014/2and4/

◎全日本ロードレース選手権第5戦「もてぎ2&4レース」
エントリーリスト・タイムスケジュール(MFJ公式サイト)
http://www.mfj.or.jp/rd/ri1405.html

関連記事

編集部おすすめ

  1. Araiから、HONDAの名車CB1100Rの発売35周年を記念し、限定グラフィックモデルが…
  2. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、新型Speed Triple RSの発売を記念…
  3. ただ速いだけじゃないんだ・・・ YZF-R1といえば、常に最前線を走り続けるハイスペッ…
  4. ▲CRF250RX(※写真は輸出仕様車) Hondaは、モトクロス競技専用車「CRF250…
ページ上部へ戻る