【新車】ヤマハ、オン・オフロードの最高峰「WR250R」の仕様を変更して発売

ヤマハ発動機は、高性能250ccエンジンをアルミ製フレームに搭載した軽二輪オン・オフロードクラスのヤマハ最高峰モデル「WR250R」のグラフィックを変更し、2014年9月10日より発売する。 今回はYZシリーズと連動を図った新グラフィックを採用した。

下記プレスリリースより

新グラフィックは、「ディープパープリッシュブルーソリッド E」(ブルー)のガソリンタンク側面のシュラウド周りに施すとともに、リアフェンダーを車体色と同一にすることで、2015 年モデル YZ シリーズとの連動を図りました。

“スマッシュムーブメント”のデザインコンセプトによる<直線基調のボディ>と調和させ、力強さを強調しています。 「WR」のロゴは、2015年モデルYZシリーズと同じく、がっちり感あるボールド系の書体を用い、その下側にはレースシーンにおけるテクニカルスポンサーをイメージするロゴを施しました。 なお、「パープリッシュホワイトソリッド 1」(ホワイト)は継続設定となります。

■名称
「WR250R」
・ディープパープリッシュブルーソリッド E
(ブルー/新グラフィック)
・パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)

■発売日
2014 年9 月10 日

■メーカー希望小売価格
721,440 円
(本体価格668,000円/消費税53,440 円)

■販売計画
1,500 台
(シリーズ合計/国内)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

▼ディープパープリッシュブルーソリッド E

▼パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る