MotoGP HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.120

チェコ共和国第2の都市ブルノの郊外にあるブルノ・サーキットで開催された第11戦チェコGPは、今シーズン屈指の手に汗握る展開になりました。開幕戦以来、破竹の10連勝を続けてきたRepsol Honda Teamのマルク・マルケスにとって、今回のチェコGPは11連勝のかかったレースであり、ほかのライダーたちにとってはだれがマルケスの快進撃を止めるのかという意味でも重要なレースでした。

13万人を超す大観衆が見守る中、マルケスの11連勝をストップさせたのはチームメートのダニ・ペドロサでした。ここブルノはペドロサの得意コースだけに、6周目にトップに立つと、以後の周回ではレースを完ぺきにコントロール。持ち味の高い安定感を存分に発揮して今季初勝利。自らのバイクナンバーと同じ最高峰クラス26勝目を達成しました。マルケスは惜しくも表彰台を逃し、4位でチェッカーを受けましたが、依然として圧倒的な得点差でチャンピオンシップポイントをリードしています。開幕以来11連勝を記録したRepsol Honda Teamの今回のレースウイークの戦いを、チーム代表のリビオ・スッポが振り返ります。

-開幕以来、マルケス選手は快進撃を続けていましたが、その記録がついにとだえました。しかし、それをやってのけたのは、チームメートのペドロサ選手でした。

「ダニとチームスタッフは、とてもよくがんばってくれました。2012年も、ダニはここブルノ・サーキットで劇的な勝利を収めてくれましたが、今回の勝利もそれに匹敵するほどの興奮に満ちたレースでした。一方のマルクにとっては、MotoGPクラスの完走したレースで初めて表彰台を逃す結果になりましたが、遅かれ早かれ、そういう日はやってきます。MotoGPのような世界最高レベルのレースでは、毎戦勝ち続けるということ自体がそもそも非常に難しいことなのですから」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ホンダ モンキー125】ディテール&試乗インプレッション 誕生から50周年を迎えた2…
  2. 2018年7月30日、ハーレーダビッドソンが「More Roads to Harley-Da…
  3. 【インディアン SCOUT】ディテール&試乗インプレッション ひと目見た瞬間に「いや・・・…
  4. ヒマラヤンはインドの2輪メーカー・ロイヤルエンフィールドの手によるアドベンチャーモデル。発表…
ページ上部へ戻る