GSX-R1000ベースのファイターが登場!?

スズキの新型ネイキッドモデル「GSX-S1000」の最終試作車と思わしきマシンがMCNで紹介されている。

昨年あたりからGSX-R1000のネイキッド版の開発が進められていることは噂になっていたが、ついにスクープされた(させた?)わけだ。同誌によれば、2015年モデルとして今年のミラノショーかインターモトで登場すると見られている。

見た目は、今流行りのストリートファイター風デザインが特徴で、ミニマライズされたフロントフェイスやシートまわり、鋭く尖ったラジエターシュラウド、モノショックにショートマフラーなど、マス集中化を強調したまさに戦うネイキッドの雰囲気。

エンジンスペックなど詳細は不明だが、当然R1000がベースということで素性の良さは保証済み。おそらくはマシンのキャラに合わせて低中速トルク型にリファインされていることだろう。一見して異なるのはフレーム。R1000のツインスパーに比べるとより低い位置にビームがあり、よってエンジン搭載位置も低く抑えられているようだ。写真だとなんとも言えないが、フレーム剛性の適正化とともに車体のスリム化およびシート高を下げる効果も狙っているかも。

ブレーキは同じブレンボのラジアルマウントタイプだが、フロントフェンダーのロゴとホイールに装備されたセンサーからABS装着タイプであることが分かる。また、リヤのディスク径が明らかに大きいことから、前後ブレーキの効力バランスもよりストリート仕立てになっているはずだ。デバイスに関しては、R1000譲りのパワーモード(S-DMS)に加え、Vストローム1000で同社としては初投入されたトラクションコントロールが装備されている可能性は大だ。ただ、クラッチカバー形状が異なるので、R1000には標準装備されていたバックトルクリミッターが入っているかは疑問だ。

先に出たGSR750は、エンジンこそR750がベースだが、鉄フレームや調整機構の乏しい前後サスなど、車体面のスペックに対して残念がる声も聴かれたことも事実。今度の「GSX-S1000」では、ぜひネイキッドカテゴリー最強を狙えるモデルであることを期待しよう

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆市販モデルのGSX-S1000が目撃される

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る