[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.11 決勝 D・ペドロサが得意のブルノで今季初勝利!

開催場所 : チェコ共和国・ブルノサーキット
開催日 : 8月17日

今回の全ライダーへの供給タイヤ
[スリック]
今回の供給タイヤ:
フロント:スリック-ソフト、ミディアム(メイン)、ハード(オプション)
リア:スリック(左右非対称)-ソフト、ミディアム、ハード
[ウェット]
ソフト(メイン)、ハード(予備)

チェコGPの決勝レースが行われた日曜日のブルノサーキットには、13万8312人の観客が詰めかけた。大観衆が固唾を呑んで見守るレースは、D・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)が優勝。開幕以来全勝を続けていたチームメイト、M・マルケスの快進撃に自らの手で歯止めをかけ、自身は今シーズン初勝利を達成した。2位はJ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)、3位にはV・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が入った。

全22周回のレースで、ペドロサは最初から最後まで圧倒的なペースでラップタイムを刻み続け、4周目にはサーキットレコードラップを更新する1分56秒027を叩き出した。6周目に先頭に立ったペドロサは、以後は一度も前を譲ることなく最終ラップまでトップの位置をキープした。終盤にはロレンソが追い上げたが、0.410秒差でゴールし、ペドロサは最高峰クラス26勝目を挙げた。一方、熾烈な3位争いを続けたロッシとマルケスは、中盤周回以降でロッシがじわじわと引き離し、今季7回目の表彰台を獲得した。今日のペドロサの優勝タイム42分47秒800は、過去の優勝記録(42分50秒729:M・マルケス:2013)を約3秒も更新する、ブルノサーキットの最速レースタイムになった。

午後2時のレース開始に先だち、サイティングラップとグリッドでのライダー紹介が行われる13時40分頃のブルノサーキットは雨がぱらつきそうな気配がただよい、上空の彼方には黒い雲も見えたが、レースは最後まで雨が降ることなく、ドライコンディションで行われた。路面の最高温度は、昨日と比較すると7℃低い29℃にとどまった。この涼しいコンディションと雨の可能性を考慮した4名の選手が、フロント用にソフトコンパウンドのタイヤを装着。残りの20名はミディアムコンパウンドのタイヤでレースに臨んだ。リア用タイヤは、1名を除く全員が柔らかめ選択肢のコンパウンド(ファクトリーオプション:ミディアム、ドゥカティおよびオープンカテゴリー:ソフト)を装着した。

今日のレースで4位に終わったマルケスは、最高峰クラスで完走したレースでは初めて表彰台を逃したが、13ポイントを加算して、今回の優勝者でランキング2位のペドロサに77ポイントの大差を開いている。ランキング3位のロッシは13ポイント差でペドロサを追っている。

次戦のイギリスGPは、8月29日(金)から、ノーサンプトンシャー州のシルバーストーンサーキットで開催される。

コメント
■山田宏-株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー
「今日の決勝レースも、手に汗握る展開になりました。得意のコースで持ち味を存分に発揮し、今シーズン初優勝を飾ったダニとレプソル・ホンダ・チームの皆様に、お祝いを申し上げます。ダブル表彰台を獲得したモビスター・ヤマハMotoGPの両選手も、じつに素晴らしい走りでした。チェコGPは毎年大勢の観客の皆様が観戦に訪れますが、今日もコースじゅうの至るところで激しいバトルが繰り広げられたので、きっと満足して帰路につかれたことと思います。今日はサーキットレコードラップが更新され、優勝タイムも過去のトータルタイムを更新しました。これは、我々のタイヤ開発がMotoGPマシンの進化にあわせて順調に進んでいることの、なによりの証拠といえるでしょう」

■青木信治-株式会社ブリヂストン モータースポーツタイヤ開発マネジャー
「今日の決勝レースでは路面温度が少し低くなったために、柔らかめのコンパウンドを選択する選手もいましたが、大半の選手は昨日のレースシミュレーションで見極めた組み合わせのコンパウンドでレースに臨みました。フロント・リアとも、ソフトとミディアムコンパウンドのタイヤは、様々なライディングスタイルやセットアップにしっかりと対応して、良好に作動していました。難易度の高いこのブルノサーキットの路面でも、タイヤが順調に作動してサーキットレコードラップと優勝タイムの双方を更新したことを、とても誇らしく思います。今回のレースウィークでは多くの収穫を得ることができましたが、明日の事後テストでもブリヂストンの技術陣はしっかりとデータを収集し、今後のタイヤ開発に向けてさらなる努力を継続していきます」

■ダニ・ペドロサ-レプソル・ホンダ・チーム-優勝
「今日のレースは予想外の展開になった。ホルヘが最初から速くて後続との差を一気に開こうとしていたので、こちらも戦略を変更して限界まで攻めることにしたんだ。序盤からバイクがよく走ってくれることを実感できたので、最後までいいリズムで走りきることができた。終盤に少しリアのグリップが落ちてきてコーナーの立ち上がりでちょっと苦労するようになったけれども、それでも後ろとの差をコントロールして優勝することができた。今シーズンは苦しいレースが続いていたので、僕にとってもチームにとっても、今日は本当にうれしい日になったよ」

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヤマハ発動機は、2017年に全日本モトクロス選手権IA2クラスでチャンピオンを獲得したヤマハ…
  2. 2018年4月18日、新型CB1000Rの試乗会が開催され本誌からはメインテスターの丸山浩さ…
  3. 2018年4月23日、新型モンキー125が国内だけではなく欧州でも発表された。基本的には国内…
  4. ライディングの安全性を新たな次元へ ボッシュは、道路交通におけるライダーの死亡事故を防ぐ「…
ページ上部へ戻る