MotoGP ドゥカティのドビツィオーソが6度目のトップ6、クラッチローが5度目のリタイヤ

前戦に続いて、ドビツィオーソが週末を通じて好走を披露。目標とするトータルタイム差を昨年の30秒差から17秒差まで短縮することに成功すれば、クラッチローがブレーキングミスでコースアウトから転倒。肩を痛めたことから、リタイヤを決断した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. パルサーカバーとジェネレーターカバーの2点をラインナップ ヨシムラジャパンは、カワサキZ9…
  2. 第10回!4ミニだらけの恒例イベント 10月27日(土)に、鈴鹿ツインサーキットで「ENJ…
  3. ツーリングプランのコースを無料でナビゲーション ナビタイムジャパンは、2018年8月17日…
  4. 高品質なスプロケットやブレーキディスクでおなじみのサンスターから、Z900RS用の超お得なキ…
ページ上部へ戻る