【イベント】ツインリンクもてぎがHonda Collection Hall 所蔵車両の走行確認テストを一般公開

ツインリンクもてぎは「Honda Collection Hall」で、1998年のオープン以来、Hondaの「技術の歴史」と「ものづくりへの情熱」、「チャレンジングスピリット」を感じられる、2輪、4輪、汎用製品、レーシングマシン、国内外のよきライバル車など約300台を展示している。これまで、多くの歴史的レーシングマシンを動態保存する一環として、定期的に走行確認テストを行ってきた。この「走行確認テスト」を、9月17日(水)に一般公開することになった。

以下公式サイトより

■日程
2014年9月17日(水) ※雨天中止
※実施の有無は、前日14時以降及び当日8時頃に、ツインリンクもてぎ公式Facebook及びHonda Collection Hallブログにてお知らせします。

■公開時間(予定)
10:00〜12:00、13:00〜15:00
※駐車ゲートオープン:9:30
※走行確認テストのため、車両の状態により走行をお約束できるものではありません。
※走行確認テストは、全車両の走行が確認次第終了となります。
※実施中、雨天になった場合、走行確認テストを中止いたします。
あらかじめご了承の上、ご来場ください。

■会場
南コース

■見学場所
南コースエリア外、上段歩行者エリア

■見学料
ツインリンクもてぎ入場・駐車料でご見学いただけます。
入場料金
大人1,000円(500円ご利用券付き)/子ども(3歳〜中学生) 無料

■駐車料金 4輪1,000円、2輪500円

■走行車両(予定)
2輪
RC142(1959年)、CB750RACER(1970年)、NS500(1984年)、RVF750(1991年)NSR500(1997年)、NSR250(2001年)
4輪
ウィリアムズホンダFW11(1986年)、マクラーレンホンダMP4/4(1988年)、マクラーレンホンダMP4/5(1989年)

関連記事

編集部おすすめ

  1. Araiから、HONDAの名車CB1100Rの発売35周年を記念し、限定グラフィックモデルが…
  2. トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、新型Speed Triple RSの発売を記念…
  3. ただ速いだけじゃないんだ・・・ YZF-R1といえば、常に最前線を走り続けるハイスペッ…
  4. ▲CRF250RX(※写真は輸出仕様車) Hondaは、モトクロス競技専用車「CRF250…
ページ上部へ戻る