【新車】HONDA、モトクロス競技専用車「CRF250R」「CRF450R」の2015年型モデルを発売

ホンダがモトクロス競技用の「CRF250R」と「CRF450R」の仕様を一部変更して、2015年モデルとして受注期間限定で発売することを発表した。受注は2014年8月7日から12月10日(水)までで、発売開始は9月19日(金)からだ。

以下公式サイトより

Hondaは、世界各地のモトクロスレース活動で培った先進技術を投入した、水冷・4ストロークエンジン搭載のモトクロス競技専用車「CRF250R」と「CRF450R」の仕様を一部変更し、2015年型モデルとしてそれぞれ9月19日(金)に受注期間限定※1で発売します。

CRF250Rは、フロントフォークにエアサスペンションを新たに採用。左側のフォークには圧縮空気によるスプリング機構を、右側のフォークにはダンパー機構を備え、左右で機能を独立させたセパレート・ファンクション・フロントフォークとしています。これにより、走破性の向上とセッティングの容易化に寄与しています。

エンジンは、排気系とPGM-FI※2のセッティングを見直すことなどにより、全回転域で優れたスロットルレスポンスを追求。また、路面状況に応じて、3種類のエンジン特性モードを手元で切り替えられるエンジンモードセレクトスイッチとインジケータを新たに採用し、さまざまな路面状況での扱いやすさに配慮しています。

CRF450Rは、低速域での扱いやすさと高速域のパワー感向上を目指し、排気系のレイアウトとPGM-FIのセッティングを変更しています。また、CRF250R同様に、エンジンモードセレクトスイッチとインジケータを新たに採用し、高いポテンシャルを引き出しやすい仕様としています。

フロントフォークは、さらなる軽量化とフリクションの低減を図ることで、作動性の向上を実現しています。スタイリングは、CRF250R、CRF450Rともに、シュラウドには、(株)ホンダ・レーシング(HRC)のワークスマシンイメージのストライプを施しています。車体色にはHondaのモトクロスマシン伝統のエクストリームレッドを採用し、躍動感あふれるスタイリングとしています。

※1 受注期間は2014年8月7日(木)から12月10日(水)まで
※2 PGM-FIは、Hondaの登録商標です

■販売計画台数(国内・年間)
CRF250R 200台
CRF450R 40台

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
CRF250R 766,800円(消費税抜き本体価格 710,000円)
CRF450R 907,200円(消費税抜き本体価格 840,000円)

※価格にはリサイクル費用を含みます
※このCRF250R、CRF450Rは、公道および一般交通の用に供する場所では一切走行できません。また、登録してナンバープレートを取得することもできません。
※走行場所には十分注意しましょう。私道や林道、河原、海辺などの公共の道路以外の場所でも、人や車が自由に出入りできるところは道路とみなされ、道路交通法および道路運送車両法の違反になります。

=CRF250R 2015年型モデルの主な変更点=

エンジン
Honda独創のメカニズムで、実績のあるユニカムバルブトレイン採用の水冷・4ストローク・4バルブエンジンは、下記の変更を行うことでパワフルでありながら扱いやすい仕様としています。
・ 3種類のエンジン特性モードを手元で切り替えられるエンジンモードセレクトスイッチとインジケータを新たに採用

■モード1
STANDARD 通常のコースコンディションでの走行に適したモード

■モード2
SMOOTH スムーズなパワー特性とし、主にマディー路面のスロットルコントロール性を重視したモード

■モード3
AGGRESSIVE レスポンシブなパワー特性とし、主にソフト路面でのパワー感を重視したモード

・ マフラーのテールパイプの内径拡大と、PGM-FIのセッティング変更により、スロットルレスポンスを全回転域で追求。低・中速域のパワーのつながりをよりスムーズにするとともに、ピークパワー付近のスロットルフィーリングを追求

足回り
さまざまな走行シーンにおいて、操縦安定性をさらに高めるために、下記の変更を行っています。
・ セパレート・ファンクション・フロントフォークを新たに採用
・ リアクッションスプリングには、新たに高強度材を使用することで軽量化を実現
・ フロントブレーキディスクはφ240mmからφ260mmへ大径化し制動性能をさらに追求

スタイリング
CRFシリーズの基本思想「マス集中“トライアングルプロポーション”」を継承しながら、新デザインのストライプを施したシュラウドを採用することで、さらに躍動感にあふれたイメージとしています。
車体色は、エクストリームレッド1色の設定です。

=CRF450R 2015年型モデルの主な変更点=

●エンジン
低速域の扱いやすさと高速域のパワー感向上を追求し、下記仕様を変更しています。
・ エキゾーストパイプの排気ポートの向きを右側に変更し、管長の最適化を図るとともに、管径も一部拡大
・ エンジンレブカット回転領域をさらに高め、高回転域のパワー感を向上
・ PGM-FIのセッティングを変更
・ 3種類のエンジン特性モードを手元で切り替えられるエンジンモードセレクトスイッチとインジケータを新たに採用
・ ACGフライホイールは慣性マスをアップしトルク感を向上

●足回り
・ フロントサスペンションは、伸び側と圧側ともに低速/高速での減衰力調整を可能とし、ユーザーの幅広いセッティング要求に対応
・ 上記の調整機構をトップキャップに集約することで、セッティングの操作性を向上
・ フロントサスペンションのダンパー側の加圧構造を変更し、フリクションの低減と作動性の向上を追求
・ リアサスペンションのアジャスター機構を上部に集約することで、セッティングの操作性を向上
・ フロントブレーキディスクはφ240mmからφ260mmへ大径化。制動性能をさらに追求

●スタイリング
新デザインのストライプを施したシュラウドを採用することで、さらに躍動感にあふれたイメージとしています。車体色は、エクストリームレッド1色の設定です。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 二輪車整備士という仕事への情熱と誇りに迫る ヤマハ発動機は、企業目的「感動創造」に向けた企…
  2. SHOEIは、「Z-7 STIMULI(スティミュライ)」を2019年3月に発売する。 …
  3. SHOEIは、「NEOTEC II SPLICER(スプライサー)」を2019年3月に発売す…
  4. SHOEIは、「J・O NOSTALGIA(ノスタルジア)」を2019年3月に発売する。 …
ページ上部へ戻る