[BRIDGESTONE]JMX Rd.6 IA2 能塚智寛は両ヒート4位で総合3位・大塚豪太は総合6位

2014MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第6戦SUGO大会は、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースで開催された。休止となった北海道大会の代替えとして今シーズンの日程に組み込まれたレースは、アマチュアライダーの「甲子園」とも言えるモトクロス全国大会との共催。会場のスポーツランドSUGOでの開催は6月の第4戦に続き今季2度目。前回は雨でヘビーマディのコンディションとなったが、今回は土日とも快晴となり、真夏の強い日差しが照りつける猛暑の中でレースが行なわれた。

コースは急勾配の上りや逆バンクを含めた大小のコーナー、全日本では他に例のないセパレートエリア、新設されたロングフープスなどテクニカルなレイアウトが特徴。粘土質の路面は、事前の掘り返しと散水により、競技の開始直後は適度なトラクションが得られるが、走行に連れて硬く締まり、コーナーには深いわだちが刻まれる。

土日とも午前中から30度を超える気温となったため、熱中症対策として全クラス競技時間を短縮する措置が取られた。好天に恵まれた大会期間中は、走る側にも見る側にも過酷な暑さとなったが、土日合わせて2800人のファンが訪れ、コースサイドの木陰に涼みながら、次々と繰り広げられる、文字通りホットなバトルを見守った。

●IA2 ヒート1
ホールショットを奪ったのは竹中純矢(スズキ-DL)。田中雅己(ホンダ-DL)、勝谷武史(カワサキ-DL)がこれに続き、オープニングラップは竹中、勝谷、富田俊樹(ホンダ-DL)、田中と続き、大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)は7番手、スタートで出遅れた能塚智寛(カワサキ-ブリヂストン)は14番手から追い上げを開始する。竹中と勝谷のテールtoノーズのトップ争いの後方で、激しい追い上げを見せた能塚は、2周目に10番手に順位を上げると、3周目には6番手にジャンプアップ。中盤サンタナ・ルカス・ケンジ(ホンダ-DL)、をパスし5番手に浮上した能塚は、11周目にはトップ争いを繰り広げていた竹中のマシントラブルで4番手とし、表彰台にはあと一歩及ばなかったものの4位。一方混戦を戦い抜いた大塚は7位でフィニッシュした。

●IA2 ヒート2
鋭い加速を見せた大塚が横一線のスタートから一歩抜け出して真先に1コーナーへと進入。しかし大塚はイン側から押される形でやや順位を下げ、オープニングラップは富田、勝谷、田中に続き4番手でクリア。一方能塚はその後方、9番手から追い上げをスタートする。2周目、大塚は竹中の先行を許し、一つ順位を落とすが、前半は6番手の好位置をキープ。7周目、中段から追い上げてきた能塚は、大塚と順位を入れ換え6番手に浮上。追撃を続けた能塚は、後半から終盤にかけて更に二つ順位を上げこのヒートも4位でフィニッシュ。一方能塚の先行を許し7番手となった大塚は、最後までこのポジションをキープし7位でチェッカーを受けた。

■大庭裕史 – 株式会社ブリヂストン MCタイヤ開発
「朝一はコース全体が入念に掘り起こされていてグリップがいいんですが、走行台数が多いために徐々に硬く締まり、ラインが出来て行くこのコース特有のコンディションは予め想定出来ていました。最終戦もここSUGOが舞台になるので、勝利に貢献出来るよう開発を進めていきます。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 雨でも快適にバイクに乗るために必要なアイテムは、レインウェアだけじゃありません! 大事なバ…
  2. 割引+スカイラウンジの様々な特典 アネスト岩田は、「新名称スタート記念 往復割引キャンペー…
  3. アクセス抜群の道の駅で開催 静岡県の正規販売店「ハーレーダビッドソン浜松」は、2018年モ…
  4. 今年のテーマは「バイクを通じて得た自分の人生の歓びを再発見する」 ビー・エム・ダブリューは…
ページ上部へ戻る