[BRIDGESTONE]JMX Rd.6 IA1 逆転優勝こそ逃すも平田優が2-2位で総合2位

2014MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第6戦SUGO大会は、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースで開催された。休止となった北海道大会の代替えとして今シーズンの日程に組み込まれたレースは、アマチュアライダーの「甲子園」とも言えるモトクロス全国大会との共催。会場のスポーツランドSUGOでの開催は6月の第4戦に続き今季2度目。前回は雨でヘビーマディのコンディションとなったが、今回は土日とも快晴となり、真夏の強い日差しが照りつける猛暑の中でレースが行なわれた。

コースは急勾配の上りや逆バンクを含めた大小のコーナー、全日本では他に例のないセパレートエリア、新設されたロングフープスなどテクニカルなレイアウトが特徴。粘土質の路面は、事前の掘り返しと散水により、競技の開始直後は適度なトラクションが得られるが、走行に連れて硬く締まり、コーナーには深いわだちが刻まれる。

土日とも午前中から30度を超える気温となったため、熱中症対策として全クラス競技時間を短縮する措置が取られた。好天に恵まれた大会期間中は、走る側にも見る側にも過酷な暑さとなったが、土日合わせて2800人のファンが訪れ、コースサイドの木陰に涼みながら、次々と繰り広げられる、文字通りホットなバトルを見守った。

●IA1 ヒート1
ホールショットを決めたのは平田優(ヤマハ-ブリヂストン)。しかしオープニングラップに成田亮(ホンダ-DL)がトップを奪い、成田、平田、熱田孝高(スズキ-ブリヂストン)、新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)の順でオープニングラップをクリアする。トップ成田と懸命にこれを追走する平田は、3番手以下を徐々に引き離しながらマッチレースを繰り広げるが、中盤に入るとやや差が開き、後半平田は単独での2番手走行となる。その後方では、序盤熱田が3番手を走行。また、新井と小方誠(ホンダ-DL)が4番手争いを繰り広げるが、小方とラインが交錯した新井は8番手まで順位を落としてしまう。中盤、熱田も小方の先行を許し4番手に後退。その熱田に追い付いた新井は熱田と順位を入れ換え4番手に浮上。レースは成田が逃げきって1位。平田は単独2位でフィニッシュ。小方に続き新井が4位、熱田が5位、三原拓也(カワサキ-ブリヂストン)は6位、深谷広一(ホンダ-ブリヂストン)、星野優位(ホンダ-ブリヂストン)の順でフィニッシュした。

●IA1 ヒート2
ホールショットを決めたのは新井。三原がこれに続き1コーナーを立ち上がるが、続く2コーナーでは成田が先行。オープニングラップの攻防の中で新井と三原は順位を下げ、成田、平田、熱田、新井、小方の順で1周目のコントロールラインをクリアする。2周目、熱田がミスで順位を下げ新井が3番手に浮上。レースは先行する成田を平田と新井が追う展開となる。前半、成田がリードを広げるかと思われたが、平田、新井がこれに食い下がり、後半に入ると平田と新井はトップ成田との差を詰め始める。終盤、平田は成田の背後を捉え、テールtoノーズの接戦でプレッシャーをかけ続けるが、逆転にはあと一歩及ばず平田は2位、新井は3位でチェッカーを受け表彰台を獲得。4位小方を挟んで三原が5位、熱田は6位、星野優位が7位でチェッカーを受けた。

コメント
■平田優 – ヤマハ・YSP・レーシング・チーム所属
「コースはハード路面の所々に散水でぬかるんだ場所があって、ハード、ミディアムのどちらか迷う状況でしたが、ブリヂストンのレーシングサービスのアドバイスを信頼してミディアムを選択しました。結果スタートダッシュも決まったし、レース中も最後までしっかりグリップしてくれました。タフなコンディションでしたがタイヤへのネガは全くなかったです。タイヤの性能とスタッフとの信頼感に助けられて、トップ争いが展開出来たと思っています。」

■大庭裕史 – 株式会社ブリヂストン MCタイヤ開発
「朝一はコース全体が入念に掘り起こされていてグリップがいいんですが、走行台数が多いために徐々に硬く締まり、ラインが出来て行くこのコース特有のコンディションは予め想定出来ていました。ハード、ミディアムのどちらを選ぶかは基本ライダーの好みになりましたが、平田選手に関しては、この暑いコンディションの中でタイヤのパフォーマンスを引き出し、ライバルにプレッシャーを与えるトップ争いを見せてくれました。さらなるパフォーマンス向上を見据え、次戦以降新しい開発にトライし、最終戦もここSUGOが舞台になるので、勝利に貢献出来るよう開発を進めていきます。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大盛況の北川圭一杯レポート 第14回目となる「北川圭一杯ミニバイクレース」が12月2日に京…
  2. スタイリングを最優先しつつも機能面では絶対に譲らない。それがカタナを開発するにあたってスズキ…
  3. ※本稿の画像の車両は、イタリア本国仕様(付属キット装着仕様)です。 唯一無二のネイキッ…
  4. ドレスアップ効果だけでなく、ダウンフォース効果もあり! 現在のMotoGPマシンにとって重…
ページ上部へ戻る