[SUZUKI]WMX Rd.15 ケビン・ストライボスが総合5位獲得、ポイントランキング3位に浮上!

8月2〜3日、2014MX-GP(FIMモトクロス世界選手権)シリーズ第15戦ベルギーGPが、ベルギーのロンメルで開催され、ロックスターエナジースズキでワークスマシンRM-Z450を駆るケビン・ストライボスが第1レース5位、第2レース8位で総合5位となり計29ポイントを獲得、ポイントランキングを前大会の4位から3位に上げた。

ベルギー出身のストライボスだけに、ロンメルは慣れ親しんだ地元のコース。しかしながらロンメル特有のサンド路面には、やはり苦戦を強いられた。深いギャップやわだちにスピードを奪われ、さらに第2レース後半は暑さに加えて突然の雷雨にも見舞われる中、会場に詰め掛けた2万1000人の地元ファンの声援を受けながら、ストライボスはサンドと格闘した。

第1レース、スタートダッシュを上手く決めたストライボスはA・カイローリ(KTM)に次いで2番手につけると、3ラップ目にカイローリをパスしてトップに立つ。その後4ラップに渡ってトップをキープしたものの、今ひとつ走りのリズムをつかみきれず、中盤以降順位を下げ、同じベルギー出身ライダーで4番手のK・デダイカー(KTM)を追うも5位でフィニッシュ。

続く第2レースも、初盤からストライボスらしさが発揮されない状況のまま、終始トップ10圏内でサンド路面の攻略に苦戦、最後は8位でチェッカーを受けた。

この結果、前大会までポイントランキンング3位にいたチームメイトのクレメン・デサールに代わり、ストライボスがランキング3位に浮上、デサールはランキング4位となった。デサールは骨折のためレースを欠場しており、復帰のために治療中であるが、今回は自国開催のホームレースでもあり、コースに元気な姿を見せてくれた。

また、同日に行われた若手選手によるEMX125クラスレースにおいて、スズキRM125を駆る、ロックスターエナジースズキ—ヨーロッパチームのブライアン・シュー選手(16)が総合3位となり、EMX125クラスの年間チャンピオンを決めた。

同じくロックスターエナジースズキヨーロッパチームのグレン・コルデノフ選手(MX2クラス)が春先のケガから復帰し、総合10位となった。

今シーズンのMXGPも残すところ2大会となり、次戦は5週のブランクを挟んで9月7日、ブラジル・ゴイアス州のトリンダーデで開催される。

コメント
■ケビン・ストライボス(第1レース/5位 第2レース/8位 総合5位)
「何故このような結果になったのかよくわからない。第1レースはトニー(カイローリ)の後ろについてライン取りも上手くいき、そのあとトニーをパスしてトップに出た。自分でもよく乗れていて、余計な力も入らず走れていたと思うが、ある瞬間からがっくりとペースが落ちてしまい、コーナーもギャップも攻めることができず、どうにもならなかった。地元ベルギーでのレースなのに、第2レースもまた結果を出せずに情けない、本当に何の言い訳もできない。第2レースは最初から我慢を強いられる展開で、頑張って順位を上げても、しばらくすると疲れてしまって追い抜かれるという繰り返しだった。もっと上位を狙いたかった。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る