[YAMAHA]JMX Rd.6 平田が両ヒートで2位表彰台を獲得!

■大会名称:2014全日本モトクロス選手権第6戦SUGO大会
■開催日:2014年8月3日(日)
■会場:SUGOインターナショナルモトクロスコース(宮城県)
■レース時間:(25分+1周)×2ヒート
■天候:晴れ
■観客:2,800人

6月にSUGO、7月には藤沢と続いてきた東北ラウンド3連戦を締めくくる第6戦SUGO大会(宮城県)が、スポーツランドSUGOにて開催された。今回は、過去2戦連続で続いたマディコンディションから一変、ドライでのレースとなったが、真夏の太陽が容赦なく照りつける今年一番の暑さの中で行われた。このため、ライダーの体調への配慮として、全クラスのレース時間が5分短縮され、国際A級は25分+1周、レディースクラスは10分+1周での実施となった。なお、YAMAHA YSP Racing Teamは、第5戦で負傷した田中教世(IA1)は今大会も欠場となった。

前々回のSUGO、そして前回の藤沢と、泥と戦ってきたライダーたちだったが、今大会は、真夏の猛暑との戦いとなった。午前中ながら、すでに高い気温のなかで迎えた第1ヒートは、平田が好スタートから、ホールショト。そのままライバルたちを抑え1周目中盤までトップをキープするが、後半に成田亮(ホンダ)にかわされ、2番手で1周目を終える。

トップに立った成田は、序盤から後続を引き離すべくハイペースでレースを展開するが、これにただ一人ついていったのが平田。序盤でおよそ4秒離されたものの、その後は成田を射程圏内に捉えたまま、中盤までレースを進める。

しかし、レースが後半に入っても、なかなか2人の距離は縮まらず、逆に平田は少しずつ離されてしまうと、成田がそのまま優勝、平田は2位でチェッカーを受け、藤沢スポーツランドでの東北大会から3ヒート連続での表彰台獲得となった。3位は小方誠(ホンダ)。

第2ヒート、ホールショットを奪ったのは成田、これに新井、三原拓也(カワサキ)、熱田孝高(スズキ)、そして平田が続く。出遅れた平田だったが、1周目の序盤にはライバルたちをかわして2番手へ。そして、第1ヒートと同様、序盤から先行する成田を平田が追う展開となるが、今回は第1ヒートよりさらに接近した状態でのレースとなる。

序盤の平田は、大きく仕掛けずにじっくり成田のテールについていくが、中盤に入るとアタックを開始。特にコース中盤以降になると平田が差を詰め、何度も成田とサイド・バイ・サイドの状況に持ち込むが、そのアタックを成田が抑えるという緊張したバトルが数周続いたが、かわすまでには至らない。さらにレースが終盤に入っても、平田は離されることなく成田にくらいつき、逆転のチャンスをうかがうがそれもかなわず2位でゴールとなった。これで、平田は両ヒート2位とし、成田に続き総合2位。表彰台も、2戦4ヒート連続での登壇となり、好調をアピールすることとなった。

IA2:渡辺祐介が両ヒート6位入賞で総合5位
前日に行われた予選の転倒により負傷、万全とは言えない状態で第1ヒートに臨んだ渡辺祐介。そのスタートは、田中雅己(ホンダ)、竹中純矢(スズキ)、勝谷武史(カワサキ)ら、ランキング上位陣が好スタート、渡辺も上位で第2コーナーを回るが、1周目の中で転倒し14番手で2周目に入る。

しかし、序盤から果敢に攻める渡辺は、5周目には8番手まで挽回すると、さらにその翌周には7番手に浮上。しかし、そこからはペースの近いライダーたちとのバトルとなり、なかなか順位を上げることができない。それでも、後半に入ると、トップを走行していた竹中のリタイアで6番手とし、さらに前をいくサンタナ・ルカス・ケンジ(ホンダ)を照準に接近するも再び転倒してしまう。すぐに再スタートを切った渡辺は、終盤に再度その背後に迫ったが届かず、開幕戦以来となる6位でチェッカーを受けた。

一方のトップ争いは、竹中と勝谷のマッチレースとなり、竹中が勝谷の猛攻を防ぎトップをキープしていたが、9周目の最終コーナーでストップ。これで勝谷が先行して今季6勝目。2位は富田俊樹(ホンダ)。竹中は3番手で復帰したが、その後のリタイアとなり、3位は田中となった。

第2ヒート、このレースでも渡辺は負傷の影響を感じさせない走りをまたしても披露。スタートから好位置につけ6番手で2周目に突入すると、その後は上位陣の速いペースの中で、ポジションをキープ。4周目には5番手とし、さらに前をいく竹中を追いポジションアップを狙う。

しかし、後方から追い上げてきた能塚智寛(カワサキ)にかわされて6番手に順位を落としてしまったが、その後はポジションを守って6位でチェッカー。2ヒート連続で6位とし、ここまで揃えられなかった両ヒートでの入賞を果たした。

トップ争いは、序盤は富田がリードして、勝谷が追う展開となったが、3周目に勝谷が逆転すると、そのまま他を圧倒する形でパーフェクトウィンを達成。2位は富田。3位は序盤から田中が単独走行でポジションを守っていたが、レース後半に追い上げてきた竹中が逆転し表彰台を獲得した。

レディース:安原さや3位を獲得
前回、最終ラップでトップに立ちながら、最終コーナーで転倒し3位となった安原さやは、今大会でのリベンジ、さらに今季初優勝を目指して決勝に臨んだ。そのスタートは、ディフェンディングチャンピオンの邵洋子(スズキ)がホールショット。安原は6番手あたりで第2コーナーを回る。

レースは序盤から邵がハイペースでリード、これに畑尾樹璃(カワサキ)、竹内優菜(ホンダ)が続き、安原は1周目を5番手。そこから、2周目に4番手、3周目に3番手と着実に順位を上げていったが、レース時間が10分+1周ということもあり、そこからの追い上げはかなわず3位でチェッカー。ここまですべてのレースで表彰台を獲得しているものの(第4戦は中止)、狙っていた優勝は今回もまた達成することができなかった。

コメント
■IA1:平田優選手談(2位/2位:総合2位)
「前回は、表彰台に戻れてよかったという感じでしたが、今回はさらに一歩前進し、勝負できるところに戻ってこれました。ただ、去年と比べ、成長できているかというと、まだ足踏みをしている状況。両ヒートで表彰台に立ちましたが、やはり悔しいし、本当であれば勝たなければならないレースだったと思います。第1ヒートは、序盤成田選手についていくのに必死でした。自分のラインが定まっていなかったため、成田選手と同じラインを使ったのですが、僕と成田選手は走り方が違うこともあり、僕の方が遅かったということ。第2ヒートは、自分の走り方に最適なラインを見つけていたし、後方から勝負のポイントも絞ることができていたので、中盤に仕掛けました。追いつめるところまでいきながらかわしきれなかったのは、成田選手の方が、一歩上手だったということです。次は名阪ですが、そこまでに渡辺選手との合宿などで本番に備えます。今度こそは勝ちます!」

■IA2:渡辺祐介選手談(6位/6位:総合5位)
「予選の転倒で、怪我をしていたので自分の走りを封印し、負担の少ない走り方、ラインを選びながらのレースとなりました。第1ヒートは、スタートは良かったものの1周目に転倒。そこからは少し、無理はしたのですが順調に上げることができました。実際はもう一歩上を狙っていたのですが、その後再び転倒してしまったこともあり6位。第2ヒートは、怪我の状態も含めより厳しい状況になっていたので、第1ヒートと同様に淡々と走るつもりでした。勝負する場面では、攻めたこともあったのですが、やはり長続きせず、何度も悔しい思いをしました。それでも、現状では最低限の仕事ができたと思います。また、もっと上を目指しているので、納得はしていませんが、ここまでの悪い流れを切り替えるきっかけにもなりました。名阪に向けては平田さんと合宿する予定なので、そこで自分を鍛え、今度こそは表彰台に立ちたいと思います」

■雉子波俊広監督談(YSP福島店長)
「平田選手は、第1ヒートでホールショットを奪うなどの活躍で2位。第2ヒートは優勝に後一歩まで近づき、やっと本来の姿に戻ってきてくれたという印象です。今回参加してくださった応援団の皆さんも、ちょうど成田選手に並びかける場面で応援していたこともあり、ハイテンションで盛り上がってもらえたレースとなりました。ここまでは上り調子で来ているので、この後の3戦6ヒートも期待してほしいし、必ずライバルたちを倒して、表彰台の真ん中に立ってくれることでしょう。一方の渡辺選手は、ここまで怪我で苦労して、今回も不安な状態で臨んだレースでしたが、両ヒートで6位入賞と、とてもがんばってくれたと思います。今年はファクトリー体制で1年目、様々なプレッシャーを感じながらのレースになると思いますが、それをはねのけて、残りのレースではぜひ表彰台に立ってくれることと思います」

■レディース:安原さや(3位)
「今回のスタートは、クラッチミートから加速まで決まったと思ったのですが7番手と、微妙な位置でのスタートとなりました。そこから5番手まではすぐに順位をあげたのですが、4番手、3番手のライダーをかわすのに時間がかかってしまったし、レース時間も短かったことから、逆転を狙うこともできずに、早々に3位キープに切り替えました。前回、優勝を目前で逃した悔しさもあったので、実はこのSUGOに向けては、レディースの中では1番というくらい乗り込んできたという自負があったので、正直喜ぶことができませんでした。次回の近畿大会は地元でのレースとなるので、ここまでたまっているすべてを一掃できるよう、今度こそは優勝します」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る