ARRC第3戦、炸裂するアジアの精鋭ライダー vs 日本勢!

アジアロードレース選手権第3戦日本大会〜オートポリスで開催

近年、アジアロードレース選手権を経て全日本ロードレース選手権など日本のビッグレースに参入するアジアンライダーは数多く見られるようになった。そのアジアロードレース選手権(ARRC / PETRONAS ASIAROADRACING ROADRACING CHAMPIONSHIP)を日本で初開催したのが九州オートポリスだ。

マレーシア・インドシア・日本・タイ・カタールのアジア主要国にてシリーズ展開され、MotoGPと同様にFIM(国際モーターサイクリズム連盟)公認の国際選手権レースであるARRCは、日本大会がオートポリスで開催されて今年で6年目を迎える。日本との交流が活発になるにつれレース全体のレベルも底上げされおり、レギュラー参戦はもちろん、ワイルドカードでスポット参戦する日本人ライダーといえども、簡単には勝てなくなってきている。このレースで活躍することが彼らのステイタスにもつながることから、アジアンライダーの成長とともに、レース自体の認知度・人気もアジア全域で急激に高まっている。

今回の「ペトロナスアジアロードレース選手権第3戦日本大会」は、オートポリスで8月16日(土)公式予選・17日(日)決勝レース1・レース2の日程で、SS600クラスを筆頭に、UB130(アンダーボーン130cc)、ADC(ASIA DREAM CUP)の3クラスが開催される。前売入場券は2,500円で、ローソンチケットにて発売中。

●オートポリス公式サイト
http://www.autopolis.jp/

●アジアロードレース選手権公式サイト(日本語)
http://jp.asiaroadracing.com/

関連記事

編集部おすすめ

  1. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  2. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
  3. 2018 FIM※ロードレース世界選手権権シリーズ第16戦日本GP(10月21日開催)に…
  4. ライダー&ファクトリーマシンのフォトタイムも! HYODのフラッグシップストア“HYOD …
ページ上部へ戻る