【新車】Kawasaki、W800の2015年モデルが新発売

2015年モデルとしてカラー、グラフィックを変更したW800が新たにKawasakiから発売される。

以下公式サイトより

■W800
メーカー希望小売価格 874,800円
(本体価格810,000円、消費税64,800円)
発売予定日 2014年9月1日

■W800 Black Edition
メーカー希望小売価格 906,120円
(本体価格839,000円、消費税67,120円)
発売予定日 2014年10月1日

■2014年モデルからの変更点
・ カラー&グラフィックの変更

懐かしさと新しさを併せ持つW800。 美しさを追求した空冷SOHC4バルブ排気量773cm3のバーチカルツインエンジンはバフ研磨にクリアコート、随所にクロームメッキが施され、低速域からの豊かなトルクとレスポンスで味わい深いエンジンフィーリングを獲得しています。 美しい曲線を描くフューエルタンクには、高品質の塗装に加え、クロームメッキ仕上げのタンクエンブレムが施され、いっそうの上質感を加えています。 また、やや低めに設定されたハンドル位置やシート形状は、自然で快適なライディングポジションを実現。 メーターパネルはクラシックな二眼タイプとしながら、メーター内の液晶スクリーンにオドメーター、トリップメーター、時計を表示し、インジケーターランプもメーター内にすっきりと収められています。 その他、シート下にはU字ロックやETC車載器本体を搭載するスペースを設けるなど、日常の使い勝手にも考慮しています。

▼W800 メタリックダークグリーン×パールアルパインホワイト

▼W800 キャンディダイヤモンドレッド×パールアルパインホワイト

▼W800 Black Edition エボニー

■特徴

POWER UNIT
・低中回転域の力強いトルクと360度クランクならではの味わい深く独特なパルス感を生み出す、空冷SOHC4バルブ並列2気筒773cm3エンジンを搭載。
・燃料供給方式はフューエルインジェクションとし、サブスロットルを採用する事で理想的なスロットルフィールを実現。また優れた始動性と排出ガスの清浄化にも貢献しています。
・美しい造形のエンジンはバフ研磨にクリアコートを施した美しい仕上げとし、フューエルインジェクションのカバーもクロームメッキとしています。
・ヴィンテージ感漂うルックスと独特のエキゾーストノートを演出する、キャブトンタイプのマフラーを採用。内部の構造は低中速域で最大のパフォーマンスが得られるよう設計されています。また、エキゾーストパイプのホルダーにはクロームメッキを施しています。

FRAME AND SUSPENSION
・角断面のメインフレームと丸パイプのダウンチューブで構成されるフレームはブラケットやガセットを最小限に押さえ、美しい外観だけでなく軽量化にも貢献しています。
・前後のフェンダーはクロームメッキ仕上げのスチール製。耐久性とルックスを両立しています。
・ヘッドライトボディはフューエルタンク、サイドカバーと同色の塗装を施し、ヘッドライトリングはクロームメッキ仕上げ。クラシカルなイメージを強調する、カットガラスレンズを採用しています。
・ヘッドランプステー、ミラー、シフトレバー、ブレーキペダル、チェーンガード、スロットルケーブルガイドなど、車体各部にクロームメッキを施しています。
・フロントフォークにはフォークカバーを装着、アウターチューブには美しいバフ研磨を施しています。
・クラシカルな2本リヤショックはプリロード調整式を採用。マシン全体の雰囲気と合わせるため、あえてカバーを付けずシンプルなデザインとしています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. パルサーカバーとジェネレーターカバーの2点をラインナップ ヨシムラジャパンは、カワサキZ9…
  2. 第10回!4ミニだらけの恒例イベント 10月27日(土)に、鈴鹿ツインサーキットで「ENJ…
  3. ツーリングプランのコースを無料でナビゲーション ナビタイムジャパンは、2018年8月17日…
  4. 高品質なスプロケットやブレーキディスクでおなじみのサンスターから、Z900RS用の超お得なキ…
ページ上部へ戻る