【新車】Kawasaki、Ninja250シリーズの2015年モデルが新発売

Ninja 250シリーズがアシスト&スリッパークラッチを搭載し新登場する。また、Special Editionにはタンクパッドを標準装備。2015年モデルのカラーリングとしてシャープなグラフィックがアクセントのメタリックムーンダストグレー×エボニーと10R、6Rと同イメージでNinja30周年を記念して設定されたライムグリーン×パールスターダストホワイトの2色を展開。

以下公式サイトより

■Ninja 250
メーカー希望小売
価格  553,500円
(本体価格512,500円、消費税41,000円)

■Ninja 250 Special Edition
メーカー希望小売価格  569,160円
(本体価格527,000円、消費税42,160円)

■Ninja 250 ABS Special Edition
メーカー希望小売価格 620,460円
(本体価格574,500円、消費税45,960円)

■発売予定日 2014年9月1日

■2014年モデルからの変更点
・ カラー&グラフィックの変更
・ アシスト&スリッパークラッチの搭載

▼Ninja 250 ライムグリーン

▼Ninja 250 パールスターダストホワイト

▼Ninja 250 Special Edition キャンディプラズマブルー×エボニー

▼Ninja 250 ABS Special Edition メタリックムーンダストグ

▼Ninja 250 ABS Special Edition ライムグリーン×パールス

2013年、250ccロードスポーツのトップに君臨したNinja 250がこの度、アシスト&スリッパークラッチを搭載し新登場いたします。 スーパースポーツやビッグツアラーに搭載されているこのシステムをカワサキはクォーターモデルであるNinja 250に惜しげもなく投入。 その魅力をさらに洗練させました。 クラッチレバーの操作感を軽くし、高負荷時の駆動力を確実に伝達させる他、過度なエンジンブレーキ時のバックトルクを逃がし、リヤタイヤのホッピングやスリップを抑制します。 スタイリッシュで迫力あるフルフェアリングに、研ぎ澄まされたリヤ&テール。 加えてSpecial Editionにはタンクパッドを標準装備しています。 そして何よりも250のスケールを超えた品質はお客様から非常に高い評価をいただいております。 2015年モデルのカラーリングはキャンディプラズマブルー×エボニーをご用意いたしました。

■特徴
Assist&Slipper Clutch
レース活動からのフォードバックを元に開発された“F.C.C社製アシスト&スリッパークラッチシステムを250クラスで初めて搭載。上級スーパースポーツモデルやツアラーの中でもハイグレードモデルにのみ採用されているこのテクノロジーは従来型クラッチユニットでは不可能だった様々な機能を実現しています。アシストカムによるセルフサーボ効果はクラッチレバーの操作感を軽くスムーズにするとともに高負荷時の駆動力を確実に伝達。急激なシフトダウンやミスシフトなどで過度のエンジンブレーキが発生した際にクラッチプレートにかかる圧着力を減少させ、バックトルクを逃がしてリヤタイヤのホッピングやスリップを抑制します。

■POWER UNIT
水冷248cm3パラレルツインエンジン
低回転域ではトルクフルでスムーズ、高回転域ではパワフルに吹け上がる248cm3パラレルツインエンジンは市街地走行やツーリング時などの扱いやすさと同時に、 スポーツライディングを楽しむことのできるエキサイティングなパワーフィールを実現。 アルミダイキャスト製のスリーブレスメッキシリンダー、硬質アルマイトコーティングを施した軽量ピストンを採用することで高い耐久性を確保しています。 またバランサーを採用し、さらに一部をラバーマウントとすることで不要な振動を抑え、上質で快適なフィーリングを実現しています。

デュアルスロットルバルブ
燃料供給方式はフューエルインジェクションとし、飛沫径60μmに燃料を霧化する微粒化インジェクターが燃焼効率の向上に貢献。 正確で効率的に吸入空気をコントロールするデュアルスロットルバルブを装備することで全回転域にわたってリニアで自然なレスポンスを獲得しています。 また、サブスロットルバルブ径を大径40.2mmとすることで吸入空気量を増加させ、優れたエンジンパフォーマンスを実現しています。

ヒートマネージメント
ラジエターを通過した熱気をエンジン下部に逃がすファンカバーを採用。サイドカウルに設けた開口部とともに優れた排熱効果を実現し、ライダーの快適性を大幅に向上しています。 また、サイレンサーには大型のサイレンサーガードを装着し、タンデムライダーの快適性にも配慮しています。

エキゾーストシステム
低中回転域での扱いやすさと、ツインならではの直線的でスムーズに吹け上がるエンジン特性を実現する、2into1のエキゾーストシステム。 ヘッダーパイプの管長を最適化することで、低中回転域の豊かなトルクを抽出し、異形断面形状のショートサイレンサーは、スポーティなルックスを実現しながら充分なサイレンサー容量を確保。 コレクターパイプ内にはハニカムキャタライザーを装備し、排出ガスの清浄化に貢献しています。

■その他
・表記価格(リサイクル費用を含む)はメーカー希望小売価格です。
・メーカー希望小売価格は参考価格ですので、詳しくはカワサキ正規取扱店にお問い合わせください。
・表記価格には保険料、税金(消費税を除く)登録などに伴う諸費用は含まれません。
・改良のため仕様および諸元は予告なく変更することがあります。
・車体カラーは撮影条件などから、実際の色と多少異なる場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る