ベスパの最新スポーティモデル「Sprint 150」登場

ピアッジオグループからベスパのニューモデル「Sprint 150」が登場。7月31日(木)より店頭発売を開始した。

「Sprint 150」は今春発売されたPrimavera 125をベースによりスポーティな外観とパワフルなエンジンを搭載したスポーティモデルである。Primavera 125譲りの流麗なデザインはそのままに、60年代よりベスパのスポーティモデルに採用されている角形ヘッドライトを装備。さらに、新形状の12インチホイールを採用している点などが特徴だ。

エンジンには新たに空冷4スト単気筒SOHC3バルブ155ccを搭載し、パワフルな走りを実現。日本における高速道路(自動車専用道路)の走行も可能としている。また燃費性能でも64km/L(50km/h走行時)と同クラス最高レベルを実現するなど環境性能も高めている。

フレームはベスパ伝統のスチール製モノコックボディを徹底的に再設計した新・スモールボディ。完全自動化による曲げ加工による曲線美はベスパならではだ。従来モデルよりホイールベース長を伸ばすことでライポジの余裕と快適性を向上すると共に、重量は従来のままで剛性を大幅に強化した。

足回りも新設計の強化スライディングサスペンション(ESS)により、路面追従性を向上。スモールボディモデルとしては初採用となる前後12インチホイールにより、運動性能と安全性も高めた。さらにブレーキはフロントにφ200 mmシングルディスク、リヤにφ140 mmドラムタイプとし確実な制動力も確保されている。

また、シート下にはフルフェイスヘルメット1個を収容可能なスペース、さらにフロントにもフラップ付きの小型コンパートメントを装備するなど、スクーターとしてのユーティリティも充実させた。なお価格は45万4,000円(税込)となっている。

「ローマの休日」でA・ヘップバーン演じるアン王女がローマの街を走り抜けて以来、半世紀以上にわたって世界中のセレブや感度の高いお洒落人に愛され続けてきたベスパ。その魅力にぜひ最新モデルで触れてみてほしい。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
【新車】ベスパブランドの最新スポーティスクーター、Sprint 150がいよいよ日本上陸!

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. タイムを詰める走りは御法度! ヒザ擦りしたい人のための走行会「WITH ME HIZA-S…
  2. ショルダースライダー搭載の新作ジャケット 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、人気…
  3. ヤマハ・レジェンドモデルに肩を並べた「YZF-R1」 ヤマハ発動機は、同社のフラッグシップ…
  4. トライアンフ史上最高にパワフルなモデルに新色登場 トライアンフモーターサイクルズジャパンは…
ページ上部へ戻る