[KTM]AMA MX Rd.9 ムスキャンが今季初の総合優勝 ダンジーも完全勝利で総合優勝!

ワシントン州ワシューガルで開催された『2014AMAモトクロス/第9戦ワシューガル』。Red Bull KTMファクトリーチームから450MXクラスに参戦した#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は1-1で総合優勝。#94/Ken Roczen(ケン=ロクツェン)は3-3の総合3位でフィニッシュ。250MXクラスの#25/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)はモト1で今季初勝利を果たすとともにモト2でも勝利。完全勝利で今季初の総合優勝を果たしました。

■250MXクラス
モト1。好スタートを切ったムスキャンは5周目にトップに浮上。するとペースを上げ後続を引き離しそのままゴール。2位以下に8秒以上の差をつけての今シーズン初勝利となりました。モト1の興奮をモト2にも持ち込んだムスキャン。またしても好スタートを切り4周目に2位にポジションをアップします。それから猛チャージを掛けたムスキャン。10周目にはJ・ボーグル(ホンダ)をかわし首位に上がります。以降、クレバーで力強い走りを緩めること無く走りきりトップでチェッカー。1-1の完全勝利で総合優勝を飾りました。

ムスキャンのコメント:
「開幕当初は怪我の回復につとめていた。毎週末、調子を上げてきていたが、今日それが実を結んだ。今日がシーズンの開幕と言っても良い。それだけ自分は進歩したと確信している。ダンジーも完全勝利し、今シーズンのチームにとってのマイルストーンとも言える勝利に貢献できて嬉しい」

■450MXクラス
モト1。好スタートを切ったダンジーはファーストラップ中にトップに躍り出ると、そのまま走りきり優勝。一方ロクツェンは10位でスタートすると徐々に順位を上げ、最終的には3位でチェッカーを受けました。モト2。またしても好スタートを切ったダンジーは、モト1同様、早々に首位に立つと強さと速さを維持したまま周回を重ね、2位以下に8秒もの差をつけトップでチェッカー。ロクツェンも、モト1同様のパフォーマンスを発揮し3位でフィニッシュ。3-3の総合3位となりました。

ダンジーのコメント:
「前戦、思うようにパフォーマンスを発揮できない自分にいらだちを感じていた。それからトレーニングを積み、良いフィーリングを掴んで今週末を迎えることが出来た。この週末はすべてが上手くいった。そしてポイントスタンディングス首位を行くケニー(ロクツェン)に10ポイント差にまで詰め寄ることが出来たことも非常に嬉しい」

ロクツェンのコメント:
「今日は勝負に絡むことが出来なかった。このあとシリーズは少しのサマーブレイクに入るが、その間に強い自分を取り戻しすためトレーニングするつもりだ。モト2では良いフィーリングで走れていたが、終盤親指が腫れ思うようなパフォーマンスを発揮できなかった」

次戦/第10戦は8月9日(土)NY・ニューバーリンで開催されます。

■250MX/MOTO1 結果:
1. Marvin Musquin – KTM
2. Christophe Poucel
3. Cooper Webb
4. Jeremy Martin
5. Blake Baggett

■250MX/MOTO2 結果:
1. Marvin Musquin – KTM
2. Blake Baggett
3. Justin Bogle
4. Jeremy Martin
5. Cooper Webb

■250MX総合
1. Marvin Musquin – KTM
2. Blake Baggett
3. Jeremy Martin
4. Cooper Webb
5. Justin Bogle

◎250MX/ポイントスタンディングス
1. Martin 377point
2. Webb 334
3. Baggett 323
4. Musquin (KTM) 281

■450MX/MOTO1 結果:
1. Ryan Dungey – KTM
2. Eli Tomac
3. Ken Roczen – KTM
4. Trey Canard
5. Brett Metcalf

■450MX/MOTO2 結果:
1. Ryan Dungey – KTM
2. Eli Tomac
3. Ken Roczen – KTM
4. Brett Metcalf
5. Andrew Short

■450MX総合
1. Ryan Dungey – KTM
2. Eli Tomac
3. Ken Roczen – KTM
4. Brett Metcalf
5. Andrew Short

◎450MX/ポイントスタンディングス
1. Roczen (KTM) 407points
2. Dungey(KTM) 393
3. Canard 330

関連記事

編集部おすすめ

  1. 無駄を削ぎ落としたスタイリング&専用設定されたサイレンサー構造 ヨシムラからGSX-R12…
  2. ヤマハ発動機と、東南アジア配車サービス最大手のGrabは、インドネシアを中心とした東南アジア…
  3. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  4. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
ページ上部へ戻る