「レッドブル」がMotoGP「レプソル・ホンダ・チーム」の公式エナジードリンク・サプライヤーに決定

ホンダ・レーシング(以下、HRC)は、「レッドブル(Red Bull)」がFIMロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦中の「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」の公式エナジードリンク・サプライヤーとなることに合意しました。

エナジードリンクの製造を手がけるオーストリアのグローバル企業レッドブルと、レプソル・ホンダ・チームとの協力関係は2006年に始まり、今年で9年目になります。両者の関係が始まって以来、レプソル・ホンダ・チームは、63回のポールポジション、172回の表彰台、58回の優勝を記録し、3回のライダーズタイトルと、4回のコンストラクターズタイトルを獲得しました。
2015年から、レプソル・ホンダ・チームはレッドブルとの関係を強化し、これまでライダーのヘルメットにペイントされていたレッドブルの鮮やかなロゴマークが、MotoGP参戦マシン「RC213V」の車体に初めて描かれることになります。

●株式会社ホンダ・レーシング 取締役副社長 中本 修平のコメント
「レッドブルとHondaのパートナーシップをさらに強化することができて、うれしく思います。この9年間、MotoGPのレース活動において一緒に歩んできた世界的ブランドとのさらなる関係強化は、世界各地域のより多くのお客様に対し、HondaのみならずMotoGPへの関心を高めることにつながると考えています」

関連記事

編集部おすすめ

  1. SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェ…
  2. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  3. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  4. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
ページ上部へ戻る