「レッドブル」がMotoGP「レプソル・ホンダ・チーム」の公式エナジードリンク・サプライヤーに決定

株式会社ホンダ・レーシング(以下、HRC)は、「レッドブル(Red Bull)」がFIMロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦中の「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」の公式エナジードリンク・サプライヤーとなることに合意した。

エナジードリンクの製造を手がけるオーストリアのグローバル企業レッドブルと、レプソル・ホンダ・チームとの協力関係は2006年に始まり、今年で9年目になる。両者の関係が始まって以来、レプソル・ホンダ・チームは、63回のポールポジション、172回の表彰台、58回の優勝を記録し、3回のライダーズタイトルと、4回のコンストラクターズタイトルを獲得した。

2015年から、レプソル・ホンダ・チームはレッドブルとの関係を強化し、これまでライダーのヘルメットにペイントされていたレッドブルの鮮やかなロゴマークが、MotoGP参戦マシン「RC213V」の車体に初めて描かれることになる。

●株式会社ホンダ・レーシング 取締役副社長 中本 修平のコメント
「レッドブルとHondaのパートナーシップをさらに強化することができて、うれしく思います。この9年間、MotoGPのレース活動において一緒に歩んできた世界的ブランドとのさらなる関係強化は、世界各地域のより多くのお客様に対し、HondaのみならずMotoGPへの関心を高めることにつながると考えています」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る