[SUZUKI]WMX Rd.14 ケビン・ストライボス、第1レースで今季待望の初優勝、総合2位のポディウム登壇!

■開催日:2014年7月27日
■レース:モトクロス世界選手権MXGP 第14戦 チェコ大会

7月26〜27日、チェコのロケットで開催された2014MX-GP(FIMモトクロス世界選手権)シリーズ第14戦チェコGPで、ワークスマシンRM-Z450を駆るロックスターエナジースズキのケビン・ストライボスが、第1レースで自身の今季初となる優勝を果たした。

丘の上に広がる風光明媚な会場に詰め掛けたおよそ2万1500人の観客を前に、ストライボスは、ハイスピードかつ高低差に富んだロケットのテクニカルコースを攻略しながら、第2レースも3位でフィニッシュ、総合優勝には僅かに2ポイント届かなかったものの、総合2位のポディウム登壇を果たした。

ストライボスは土曜の予選レースを4位で終え、有利なスタートポジションからの決勝レースを展開した。第1レースのストライボスは、下り坂になったスタートから第1コーナーに向けて、トップで飛び出したデサールに続いてワークスマシンRM-Z450と共に2番手につけた。スタートからの3ラップをデサール、ストライボスのスズキワンツートップ、その後ペースを上げたストライボスがトップに出ると、負傷に苦しむデサールはじりじりと後退、好調のストライボスは2位のJ・ファン・フォルベーク(ヤマハ)に約10秒の差をつけトップチェッカーを受けた。

続く第2レース、ストライボスはファン・フォルベーク、Aカイローリ(KTM)のトップバトルに迫るも僅差の3位フィニッシュ、今季自己ベストとなる総合2位を獲得すると共に今シーズン7度目となるポディウム登壇を果たした。

一方、チームメイトのクレメン・デサールは、第1レースを7位でフィニッシュ、しかしながら第2レースはDNSを余儀なくされた。

第12戦スウェーデンGPでもクラッシュで受けた負傷により第13戦フィンランドGPを欠場していたデサールは、挽回を目指しての復帰戦であったが、本来の走りは見られなかった。土曜の予選レースでS・フロサード(カワサキ)と接触によるクラッシュがあり、これによる新たな負傷はなかったが、6月のイタリアGPで痛めた手首が再び悪化、決勝レースは厳しい状況を強いられた。第1レースを7位で終えたデサールとチームは、今後は怪我の治療に専念し、完治まで今季のレース欠場を検討する。残すところ3戦となった今シーズン、終盤のブラジルGP、メキシコGPは9月に入っての開催となるが、デサールの復帰は今のところ未定だ。

第14戦終了時点のポイントランキングでストライボスは4位。3位のデサールとのポント差を15ポイントとして、今後のトップ3入りを狙う。

次戦のMXGP第15戦は8月2〜3日、ベルギーのロンメルで開催される。ロックスターエナジースズキの地元でもあり、サンド質の路面で名高いロンメルで、ストライボスの再びの活躍が期待される。

クレメン・デサール 第1レース7位 第2レース/DNS 総合16位
「今は、手首を完全に治すことに専念したい。手術は避ける方向で治療に取り組む予定だ。6月のイタリアGPで負傷して、その時の検査では骨折はないと診断されたが、次の週のドイツGPで優勝してから再度検査を受けたら、やはり骨折していたことが解って、驚いた。あれから痛みはずっと続いていて、スウェーデンGPでのクラッシュで怪我の状態は深刻になってしまった。今日の第1レースでもやはり本来の走りができず、第2レースはDNSとした。完治までどのくらいかかるかわからないが、このまま最終戦まで欠場することも今は考えられず、経過を見守るしかない」

ケビン・ストライボス 第1レース/1位 第2レース/3位 総合2位
「第1レースはスタートも決まり、思い通りの展開のレースだった。勝つために充分なペースをキープすることができた。第2レースでもトップとの差は僅かで、前でジェレ(ファン・フォルベーク)がトニー(カイローリ)をパスしたのを見て、ラストラップで同じように自分もパスしようと仕掛け、行けると思ったが僅かに届かなかった。全体に満足のいく走りはできたが、ミスもあった。ヒザの痛みもあるが、とにかくベストを尽くして頑張ったので、総合2位のポディウムは嬉しい」

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る