大人のルール

先日、筑波サーキットでWebikeみんなのスクールを開催しました。参加者の半分ぐらいの方が本格的なサーキット走行は初めてということでしたが、午前中の講義に続き、パドックの一部を利用したトレーニングを実施したことが功を奏したのか、大きなアクシデントもなく無事終えられたのは幸いでした。

とても暑い一日でしたが、皆さん、いい汗を流していただけたらしく、ハツラツとした笑顔が印象に残りました。大人の趣味として、モータースポーツを存分に楽しむのは素晴らしいことと思いますが、その前によく理解しておくべきことがあります。

それはルールの厳守。どんなスポーツにもルールがあるように、サーキット走行にも必ず守らなくてはならない決め事があります。サーキットでは皆が安全に走行するために、フラッグを使ってコース状況などをライダーに伝えますが、初心者ほどこれを見落としがち。走行終了のチェッカーフラッグを無視して再周回してしまうダブルチェッカーや、追い越し禁止を意味する黄旗の見落としなどが代表的な例です。

走りに余裕のない人ほど、こうしたミスが多くなり、同時に危険も増していきます。視界に入っているのに認知できていない、いわゆる「見ているのに見えていない」状態です。

ご存知のようにサーキットは速度域も高く、一歩間違えると大きな事故につながる可能性もある場所です。知らなかった、では済まされないのが大人のルール。
事前の説明に注意して耳を傾けるのはもちろんですが、ちゃんと「見えている」走り方をするように心がけましょう。すなわち心の余裕、または平常心ともいえるでしょう。ドキドキしたらまずはペースダウン。熱くなりすぎる前にクールダウン。公道でも同じことが言えそうですね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る