YAMAHA、アセアンの精鋭ライダーがスーパースポーツへ乗換え「鈴鹿4耐」に挑戦

7月24日(木)に開幕する、“コカ・コーラ ゼロ” 鈴鹿8時間耐久ロードレースに併催され、26日(土)に決勝が行われる、2014鈴鹿・近畿選手権シリーズ第4戦 鈴鹿サンデーロードレース 4時間耐久ロードレースに、ヤマハ発動機のグループ会社PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM・インドネシア)が運営する「Yamaha Racing Indonesia A」、「Yamaha Racing Indonesia B」の2チームが「YZF-R6」でST600クラスに参戦します。

ライダーは、スポーティアンダーボーンを使用するインドネシア最高峰の「INDOPRIX」などで活躍する4名が出場する予定でしたが、うち1名が怪我を負ったため、代わりに元ヤマハファクトリーライダーの茨木繁選手が出場します。

YIMMは、健全な二輪文化の構築のため、国内外レースへの参戦はもちろん、レーシングスクールや「YAMAHA ASEAN CUP RACE」を通じたライダーの育成、二輪レース界の最高峰であるMotoGPでのスポンサー活動とMotoGPライダー招聘によるファンイベントの開催など、レースを使った活動を積極的に展開しています。そして近年は、スーパースポーツ「YZF-R1」、「YZF-R6」、本格250ccスポーツ「YZF-R25」の市場導入や、アジアロードレース選手権の盛り上がりに伴い、ヤマハの「スポーツイメージ」をけん引する、アジアトップクラスのライダーやメカニックの育成にも力を入れています。

鈴鹿4耐への挑戦は、そのプロジェクトの一環としてスタート。ライダー、メカニックともに「YZF-R6」でのレース経験は少なく、また耐久レースのノウハウもなかったため、4月上旬から鈴鹿サーキットなどで、スキルの向上に取り組んできました。

6月には、日本では初のレース参戦となる鈴鹿サーキットでのサンデーロードレース選手権に出場し、上位入賞を果たすなど成長を確認するとともに、課題を明確化してステップアップに取り組み、鈴鹿4耐へ向けた準備を進めています。

また、マレーシアのグループ会社、Hong Leong Yamaha Motor Sdn.Bhd.(HLYM)からも、「PETRONAS Hong Leong Yamaha Malaysia」が「YZF-R6」でST600クラスに出場します。ライダーは、2013年「Malaysian Cub Prix Championship」のチャンピオンライダーと、宇井陽一選手が代表を務める「41プランニング」から日本の地方選手権などに参戦中の佐取克樹選手です。

■ Yamaha Racing Indonesia A #24
イマニュエル・プトラ・プラトナ選手(17歳)

主な成績
2013年:IRS Super Sport 600cc ランキング6位
2012年:One Make Race 250cc ランキング3位
2011年:IRS Super Sport 250cc 第1戦 3位

茨木繁選手(45歳)

主な成績
2013年:鈴鹿4時間耐久ロードレース 2位
1991年:全日本選手権 国際A級F-3 ランキング2位
1990年:全日本選手権 国内A級250cc チャンピオン

■ Yamaha Racing Indonesia B #56
スダルモノ選手(29歳)

主な成績
2013年:INDOPRIX 125cc ランキング4位・110cc ランキング3位
2012年:INDOPRIX 125cc ランキング6位・110cc ランキング3位
     IRS Super Sport 600cc ランキング4位
2011年:INDOPRIX 125cc ランキング5位・110cc ランキング3位

シギット・プルノ・ハルジョノ選手(26歳)

主な成績
2013年:INDOPRIX 125cc チャンピオン・110cc チャンピオン
2012年:INDOPRIX 125cc ランキング2位・110cc ランキング19位
2011年:YCR MP1 125cc Seeded 第1戦 2位・第2戦 2位

■ PETRONAS Hong Leong Yamaha Malaysia #50
アフマド・アフィフ・アムラン選手(19歳)

主な成績
2013年:Malaysian Cub Prix Championship Underbone 115cc チャンピオン
     Malaysian Super Series SS600 (B) チャンピオン
2012年:Malaysian Cub Prix Championship CP115 ランキング6位

佐取克樹選手(16歳)

主な成績
2014年:もてぎロードレース選手権 J-GP3 第1戦 2位・第4戦 3位
     鈴鹿サンデーロードレース選手権 J-GP3 第1戦 3位
2013年:筑波ロードレース選手権 J-GP3 年間チャンピオン
     菅生ロードレース選手権 J-GP3 第3戦 1位
     もてぎロードレース選手権 J-GP3 最終戦 2位

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る