【新車】KTM、エンデューロ専用で開発されたEXCシリーズの2015年モデルを発売

エンデューロ界はもとより、モトクロス、スーパークロスでも躍進を続けるKTMオフロードモデルが、2015年モデルへと進化、発売が開始されました。

エンデューロ、そしてモトクロス専用モデルを別個に開発し続けるKTMは、それぞれのシリーズで妥協をしない作り込みを徹底しており、それが各分野での活躍につながっています。

2015年モデルでは、エンデューロモデル専用で開発されたEXCシリーズ、またモトクロス専用のSXシリーズともに細部まで見直し、トップクラスの性能維持を継続しています。

「エンデューロ」というジャンルに特化し、デュアルパーパス車ではなし得ない緻密な専用設計と圧倒的な性能に自信を持つEXCシリーズは、2015年モデルでも4ストロークエンジン搭載のEXC-Fモデルをその主力に置きつつ、軽く実戦的な2ストロークエンジン搭載のEXCモデルも継続開発しています。

パワフルなエンジンは、ピークパワーだけではなく粘る低速域をどの排気量でも持ち合わせ、ダイレクトなトラクションを得るためのリンクレス式リアサスペンションと相まって、スタンダード
の状態で即エンデューロレースで活躍できる実戦的な仕上がりとなっています。

2015年モデルのフレームカラーはオレンジとなり、よりアグレッシブなルックスとなりました。
また、戦闘力を高める各種オプションパーツ付きの「Sixdaysモデル」も用意し、幅広いラインナップから好みの1台を選択することが可能です。

KTM 2015 ENDURO / エンデューロ
▼125 EXC

▼125 EXC (SIXDAYS)

▼200 EXC

▼250 EXC

▼250 EXC-F

▼350 EXC-F (SIXDAYS)

【EXCシリーズ価格(税込)】
■125 EXC
893,829円(STANDARD)
956,057円(SIXDAYS)

■200 EXC
966,857円

■250 EXC
1,008,000円(STANDARD)
1,100,571円(SIXDAYS)

■250 EXC-F
1,118,057円(STANDARD)
1,210,629円(SIXDAYS)

■350 EXC-F
1,323,771円(SIXDAYS)

■500 EXC
1,490,400円(SIXDAYS)

これら最新オフロード全モデルは、FIMの騒音規制に準じた排気系や、燃焼効率の向上を狙ったマッピング更新等、環境性能についてもアップデートが施され、また車輛本体価格を2014モデルから値上げせず、お求めやすさも継続されています。

>>KTM 2015 ENDURO 全モデルラインナップはこちら

KTM JAPAN 株式会社
TEL:03-3527-8885

関連記事

編集部おすすめ

  1. 7月14~15日に、FIMトライアル世界選手権第5戦フランス大会で開催されたトライアルEクラ…
  2. MVアグスタは、全く新しい「DRAGSTER 800 RR」を9月に発売することを発表した。…
  3. ▲©2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会 NEXCO…
  4. ドゥカティは、「Scrambler 1100 Test Ride Week」を8月5日(日)…
ページ上部へ戻る