ドゥカティ「ハイパーモタードSP」のニューカラーをWDW2014で発表

ドゥカティは、WDW2014にて「ハイパーモタードSP」のニューカラーを世界初公開した。

SPはハイパーモタードに要求されるあらゆる性能を強化したエキスパートライダー向けのハイパフォーマンスバージョンである。今回採用されたのは、ドゥカティ・コルセ(ドゥカティのレース部門)をイメージした、よりスポーティな「レッド×ホワイト」のコンビカラーとなっている。

ニューカラーバージョンは、ドゥカティの伝説的ライダー、トロイ・ベイリスとカルロス・チェカをプレゼンターに迎え、ミザノ・ワールドサーキットマルコ・シモンチェリのパドックにて、WDWに参加した数多くの観衆の前で公開された。

ちなみに、トロイ・ベイリスは2001年、2006年、2008年に、一方のカルロス・チェカも2011年のスーパーバイク世界選手権のチャンピオンをドゥカティ・スーパーバイクで獲得している。

最新世代の110hpドゥカティ・テスタストレッタ11° 821ccエンジンをトレリスフレームに搭載する、純粋なレーシングスタイルのSPモデルは1199パニガーレと同様、レース仕様の3タイプの専用ライディング・モード(レース・モード:110hp「ハイ」、スポーツ・モード:110hp「ミディアム」、ウェット・モード:75hp「ロー」)を搭載。

前後サスペンションはSTDモデルに対してストロークを伸長しているのが特徴で、フロントはマルゾッキ製φ50mm倒立フロント・フォーク(ストローク185mm)、リヤにはオーリンズ製サブタンク付きモノショック(ストローク 175mm )を採用し、卓越したパフォーマンスとハンドリングとともにバンク角47.5°を実現している。また、安全面でも1199パニガーレから流用した3レベルABSと8段階のドゥカティ・トラクション・コントロールを統合した「ドゥカティ・セーフティ・パック」を標準装備するなど最先端の技術が投入されている。

その他の装備として、タイヤはピレリ製ディアブロ・スーパーコルサS、ホイールはマルケジーニ製3スポーク鍛造軽合金ホイールを装備。デザインも1199パニガーレSから流用するなどSPモデルのとしてのハイパフォーマンスを強調する仕様となっている。

また、「バリアブル・セクション・ハンドルバー」、「カーボンファイバー・フロント・フェンダー&エンジンカバー」、「ラジアルポンプ付き5段階調整式レバー」、「専用シート」など、SP専用コンポーネントも数多く採用されている。乾燥重量はわずか171kgという軽さに加え、レースセッティングによるシート高890mmと過激なスペックとなっているが、20mmローダウンしたシートも純正アクセサリーとして設定している。

なお、「ハイパーモタードSP」の日本導入時期、販売価格等は未定となっている。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る