[YAMAHA]JMX Rd.5 平田が両ヒート表彰台で総合2位を獲得!

■大会名称:2014全日本モトクロス選手権第5戦東北大会
■開催日:2014年7月20日(日)
■会場:藤沢スポーツランド(岩手県)
■レース時間:(25分+1周)×2ヒート
■天候:雨
■観客:1,800人

東北ラウンド3連戦の2戦目、第5戦東北大会(岩手県)は、前回のSUGO大会に続いて雨となり、マディコンディションでのレースとなった。これにより、全クラスのレース時間が5分短縮されての実施となった。YAMAHA YSP Racing Teamは、前回のSUGO大会で復帰した平田優に加え、今回は、第2戦で負傷した田中教世も復帰したが、公式練習中のアクシデントで、残念ならがレースはキャンセルすることとなった。

IA1:平田が両ヒート表彰台で総合2位を獲得!
ヘビーなマディコンディションではあるものの、雨もやみ、オフィシャルによる懸命のコース改修もあり、走りやすさを取り戻して行われた第1ヒート。平田は、好スタートを切りながら第1コーナーで後退。しかし第2コーナーでは、密集するライダーを避ける巧みなライン取りで挽回し、1周目を5番手。さらに2周目には4番手に浮上し、トップの成田亮(ホンダ)、熱田孝高(スズキ)、星野優位(ホンダ)を追う。

そして雨が再び強く降りはじめた3周目に入ると、トップ争いはこの4名にしぼられる。平田はこの中で、上位陣から徐々に離され、一時は3番手の星野からおよそ10秒差をつけられるが、7周目、2番手に浮上していた星野がスタックし、これをかわして3番手とすると、さらに、熱田にも迫る。そしてラスト2周になったところで熱田を捉えて2番手に上がると、成田に続き2位でチェッカーを受け、開幕以来、また怪我からの復帰後初となる表彰台を獲得した。

なお、今大会より怪我から復帰した田中教世は、公式練習中のアクシデントで負傷してしまい、決勝レースを欠場することとなった。

引き続きヘビーなマディでのレースとなった第2ヒート。このスタートを制したのは新井宏彰(カワサキ)、平田は6番手あたりで1コーナーをクリアするが、第3コーナーまでに3番手へ浮上、そのまま1周目を熱田、小方誠(ホンダ)に続く3番手で終える。

3周目、小方が熱田を捉えトップに立つと、順位を落とした熱田が転倒、平田はその隙に2番手に上がるが、直後に平田も転倒してしまい、熱田、成田にかわされて4番手に後退してしまう。しかし、その後は、難しいマディの中でリズムを取り戻し、前方の成田の背後に迫る。そしてレース終盤、成田にかわされた熱田を捉え3番手に上がると、集中を切らすことなくその勢いのまま成田にも接近。しかしここで、タイムアップとなり3位にとどまったものの、怪我からの完全復活を印象づける連続表彰台を獲得し、総合成績でも成田に続く2位を獲得した。なお、優勝は、中盤以降、独走した小方となった。

IA2:安原志が2戦連続で表彰台に登壇、渡辺祐介は総合23位
決勝間近に雨は弱まったものの、藤沢スポーツランド特有のサンド質の路面が、重く深いマディを形成。第1ヒートは、スタートから、転倒者が続出する波乱のレースとなった。そのスタートで、ホールショットを奪ったのは富田俊樹(ホンダ)、ランキングトップの勝谷武史(カワサキ)が転倒、さらに渡辺祐介も転倒し、ほぼ最後尾からの追い上げとなる。また、同じくマディだった前回のSUGO大会で初優勝した名阪レーシングの安原志は転倒こそなかったものの、前方の転倒車を避けるために遅れてしまう。

しかし、その安原がマディで躍動。1周目の9番手から6周目には4番手とし、さらに前方を走る井上眞一(カワサキ)に接近すると、その井上がコースアウトし、安原は表彰台圏内の3番手とする。しかし、レース終盤、荒れてきたコースで、ミスを重ね井上に逆転を許し、4位でフィニッシュとなった。

渡辺は、スタートの転倒を序盤で挽回したが、その後も転倒などの不運があり18位でレースを終えることとなった。

トップ争いは、富田が大きくレースをリードし、これを竹中純矢(スズキ)が追う展開となる。ところが最終ラップの最終コーナーの手前で富田がストップし、竹中がその背後まで迫るが、富田がギリギリで再スタートして優勝。2位はコンマ9秒差で竹中となった。

昼休みに降った雨の影響で、深く、重くなったマディの中で行われた第2ヒート。スタートは第1ヒートで転倒した勝谷がホールショットを奪い、これに竹中、井上が続く。安原、そして渡辺は遅れたが、1周目を終え、安原が5番手、渡辺も10番周辺まで追い上げる。

混戦の序盤を終えると、トップグループは、勝谷、竹中、安原となり、この3人がアクシデントを重ね、またそれを乗り越えながらレースを進める。当初は、勝谷がトップ、安原が2番手、3番手に竹中となるが、4周目には竹中が安原を逆転、さらに次の周にはトップに立つと、そのままポジションをキープ。一方2番手争いは、安原が勝谷をかわし2番手とするが、ラスト2周で再逆転。今季初優勝となった竹中に続き、2位は勝谷、3位は安原が入り、安原にとっては2戦連続、今季2度目の表彰台を獲得となった。渡辺は、序盤から転倒・スタックを重ねて順位を落とし22位でゴールした。

レディース:安原さや3位を獲得
雨の降り続いた、休憩を挟み行われたレディースクラス。あちこちをショートカットしたコースにもかかわらず、悪化したコンディションにより、激しい展開となった。名阪レーシングの安原さやは、第1コーナーを4番手とまずまずのポジションでクリア。しかし第2・3コーナーで転倒。1周目を7番手で終える。しかしそこから怒濤の追い上げで、4周目には3番手とすると、前をいく畑尾樹璃(カワサキ)をかわして2番手に、さらに、ここまでトップの邵洋子(スズキ)にも迫る。そしてラストラップ、一気に差を詰め、コース後半にトップに立つが、その後の最終コーナーで転倒。邵、そして萩原真理子(KTM)にかわされ、3位でゴールとなった。

コメント
■IA1:平田優選手談(2位/3位:総合2位)
「SUGO大会のマディは、正直復帰レースだったこともあり、気持ち的にも負担にはなりましたが、今回は、心身ともに開幕戦の状態に戻ったので、非常に良い状態でレースを迎えることができました。第1ヒートは、ちょっと力が入りすぎて、序盤はペースが上がらず、中盤以降は前との距離が詰まったら転倒する悪循環でした。でも最後まで何が起こるか分からない状況だったので、それを信じて諦めなかったのが、2位という結果につながったのだと思います。第2ヒートは、1周目3番手と勝負できる位置についたのですが、前半はラインが定まらず、思い切り走れなかったし、その後も転倒があり苦しみました。後半ラインが決まってからは順位も上げられ、良かったと思います。今日の結果は、僕にとっては最低限の仕事。やはり優勝して、ファンの皆さんにも、チームのみんなにも、良かったと喜んでもらえることが目標なので、次は、そうなるようにがんばります」

■IA2:渡辺祐介選手談(18位/22位:総合23位)
「第1ヒートは、スタートで転倒し、さらに追突されるなど、最悪のスタートとなりました。でも、そこからすぐに切り替えて10番台の前半まで順位を戻したのですが、その後、スタックして順位を落とし、最後は18位。第2ヒートも、スタートで遅れたのですが、やはり挽回しながらも転倒し、また追い上げて転倒というレースとなり、前回SUGOでの経験をうまく活かせないまま、レースを終えることとなりました。ただし、丁寧に走ることの大切さをもう一度学ぶことができたし、バックマーカーやスタックしたライダーをかわすためには技術だけでなく、集中力や強い精神力も必要であると感じました。次は、地元のSUGOなので、悪い流れを断ち切る意味でもがんばります」

■三浦健至監督談(YSP八戸社長)
「まず、平田選手は、十分なポテンシャルをもったライダーなので、この成績自体は驚きません。しかし、今回は、SUGOと同様、非常に難しいマディのレース。ライバルも同じ条件ではありますが、転倒など、数々のアクシデントを乗り越え、また最後まで諦めずに走り切ることで、もぎ取った表彰台は、非常に価値ある結果であり、特にマディのレースでの自信になったのではないでしょうか。一方の田中選手は、残念ながら欠場となりました。田中選手も非常にポテンシャルの高いライダーなので、しっかりと治療し、復帰後には平田選手とのワンツーフィニッシュを達成して欲しいと思います。また、渡辺選手は、厳しい結果となりましたが、2回連続でこのコンディションを走ったことは、とても良い経験になったと思います。今日の悔しい思いを忘れず、上を目指して欲しいですね」

■IA2:安原志選手談(4位/3位:総合3位)
「今回は、スタートが両ヒートともに悪かったこともあり、特に序盤は、ライダーがたまるベストラインを避け、人のいない賭けのようなラインを使いました。正直不安もあったのですが、それが上手くいき、序盤で表彰台を狙える位置にいけたのは良かったと思います。第1ヒートは、3番手まで上がり、そこからは後ろの井上さんを意識してしまい、走りがバラバラになり、追い上げられて4位。第2ヒートは、勝谷さんをかわして2番手まで上がりました。必ず追い上げてくると分かっていたのですが、逃げ切ることができませんでした。それでも3位に入り、マディとはいえ2戦連続で表彰台を獲得できたこと、序盤は賭けだったとは言え、冷静に周りを判断し、順位を上げることができたのは、成長だし、素直に今日の結果を喜びたいと思います。次は、ドライのレースで表彰台を目指します」

■レディース:安原さや(3位)
「最悪のレースですね。5年前だったかな? その時も優勝直前で転倒したことがあるのですが、後味が悪いというか…。今シーズンは、ライバルたちも非常に速く、勝つことができないまま、ここまで来ました。得意なマディは、私にとってはチャンスで、前回はそのチャンスを活かせなかったので、今回こそはと意気込んでいたのです。スタートはまずまずだったのですが転倒、追い上げて2番手としましたが、ラスト2周でトップの邵選手とは23秒差だったと思います。それでもこのコンディションだったため諦めなかったし、実際に追いつき、かわすことができました。しかし、最終コーナーで転倒。悔しいとしか言えません。でもこれでシーズンは終わった訳ではないので、仕切り直して、優勝を狙っていきたいと思います」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る