1馬力から始まった

ホンダ青山本社2階の応接ルームには、同社往年の名車を飾ったコーナーがある。定期的に入れ替わるので、訪れる度に次は何が出てくるのだろう、と楽しみにしている。
先日、訪れたときは、古い自転車のようなものが飾ってあった。よく見ると、後輪のハブ近くに赤い小さな塊がくっ付いている。どれどれと近づいてみると、それはエンジンであることが分かった。
説明書きには、1952年製「ホンダ カブ F型」とあった。

戦後の余韻が残る日本がまだ貧しかった時代、ホンダがバイクメーカーとして飛躍するきっかけを作った自転車用補助エンジンだ。さしずめ、今の電動アシスト自転車のモーターとバッテリー部分だけを後付けパーツとして売っていたイメージだろうか。F型は全国の自転車販売店を新しく販売網として組織し、段ボール箱詰め発送を採用するなど、当時としては斬新なマーケティング戦略を取り入れ、売れに売れたと聞く。

「空冷2スト単気筒50cc 最高出力1馬力 最高速度35キロ 重量6kg」とその説明書きには誇らしげにスペックが踊っていた。製品としてのアイデアも販売方法も、まさにイノベイティブだったわけだ。そして、まだバイクの姿もしていないカブは、日本の復興の姿そのものでもあった。

翻って現代。日本は本当に復興したのだろうか。ITばかりが注目されるが、お家芸のモノ作りでの革新はあるのか。2輪についても毎年「EV元年」と言われつつ、なかなかその先に進めずにいるように思える。現代のF型は果たしてどこにあるのだろうか、期待してやまない。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る