MotoGP ドゥカティ、アラゴンにニューシャーシを投入

ミサノで開催されたワールド・ドゥカティ・ウィークで、レース部門の最高責任者ダリーニャが、上位陣とのタイムギャップを10秒以内に詰めることを目標に、8月のブルノに新しいフェアリング、9月のアラゴンに新しいシャーシを投入することを説明した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
  2. 高品質なアフターマーケットマフラーメーカーとして知られているケイ・ファクトリーがリリースした…
  3. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
  4. 【トライアンフ ストリートツイン】 ディテール&試乗インプレッション 今回はトライアンフ…
ページ上部へ戻る