トヨタの新感覚モビリティ「Winglet」を台場で体験しよう!

(株)アムラックストヨタが運営する“見て乗って感じるクルマのテーマパーク”「MEGA WEB」(東京・台場)で、7月18日から次世代型プレイモビリティ『Winglet(ウィングレット)』に体験試乗できるドライビングアトラクション『Winglet Challenge』が開催される。

「Winglet」は、トヨタが開発を進めている体重移動で簡単に操作できる自動車運転免許が不要な次世代型プレイモビリティ。「モビリティをもっとみんなのものに」をコンセプトに、“人の足に翼を付けたように”子供からお年寄りまで自由に快適に安心して移動を楽しめる乗り物として開発された。

独自のモビリティ機構と先端のロボット制御技術により、誰でも体重を移動させるだけで簡単に前後左右に操ることができるのが特長で、低くて平らなステップは乗り降りしやすく、ロボットが人の動作を感知して安心・安全な移動を実現する。

「Winglet」のモーター出力は約500W、最高速度は6km/hで、リチウムイオン電池は約1時間半でフル充電が可能だ。

『Winglet Challenge』では巨大なLEDフロアを走行して、ドライビングを10,000点満点のスコアで評価するアトラクション。ランエリアの辺上にレーザー発光器が設置され、ウィングレットの走る動きを検知。コースアウト時の“減点”などもレーザーによって算出する仕組みだ。参加費は無料で運転免許もいらない等、子供から大人まで楽しめる内容となっている。

また、『Winglet Challenge』のオープンに先駆け、 巨大LED フロアの魅力を活かした『WingletChallenge』プロモーションビデオと、「Winglet」の技を日常のなかで紹介する『Winglet WOW!』プロモーションビデオ(全12 種類)をそれぞれ7 月17 日より公開中。MEGA WEB を起点としたお台場周辺での施策も随時展開していく予定だそうだ。

「Winglet」の操縦は左右の手による旋回と、足先の加重加減で前後するタイプで、同じ横2輪の「セグウェイ」とはまた操作フィーリングが異なるそうだ。週末は次世代モビリティと戯れてみてはいかがだろう。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

>>トヨタ『Winglet Challenge』イベントページ

▼Winglet Challenge紹介動画

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 手頃な価格のロッシレプリカ! ユーロギア ダイネーゼ&AGV ジャパン事業部は、AGVのス…
  2. 世界1500個/国内20個 限定発売! ユーロギア ダイネーゼ&AGV ジャパン事業部は、…
  3. 前夜祭ならではの、チームの垣根を越えたトーク 2018年7月26日(木)~29日(日)に開…
  4. ▲8耐公園イメージ 「8耐がもっと好きになる」イベントエリア 2018年7月26日(木)~2…
ページ上部へ戻る