[SUZUKI]SBK Rd.9 ユージン・ラバティ、波乱の第2レースで劇的な4位フィニッシュ!

2014年7月13日 スーパーバイク世界選手権
第9戦 マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ

7月13日、2014eni FIM世界スーパーバイク選手権シリーズ第9戦がアメリカ ラグナセカで開催され、ボルトコム クレセント スズキのユージン・ラバティが第2レースで4位を獲得した。

その第2レースは2度のレッドフラッグを経て、再スタートから7ラップでのスプリントレースの様相を呈したが、ラバティはヨシムラによってエンジンチューンされたスズキGSX-R1000と共に、短いラップの中で見事な追い上げを見せた。スタート直後の第1コーナーでは7番手としたものの、2ラップ目に6番手、3ラップ目に5番手、そして6ラップ目には4番手に浮上、そのまま最終ラップを迎えて4位でフィニッシュ、13ポイントを獲得した。

その前に行われた第1レースでも、ラバティは順調なスタートから6番手につけると4番手争いに加わった。しかしながらマシントラブルのため8ラップ目の第2コーナーでグラベルへのコースアウトを余儀なくされ、第5コーナーに来たところでリタイヤとした。

一方、チームメイトのアレックス・ローズは、レース前のウォームアップでクラッシュを喫したものの、メカニックによる懸命の作業で、決勝レースまでのわずかな時間の間にマシンは完全修復。11番グリッドからスタートしたローズは決勝第1レースを8位でフィニッシュ、貴重な8ポイントを獲得した。続く第2レースでも、10ラップ目までは10番手につけて6位を狙える位置にいたが、その後”コークスクリュー”ポイントでのクラッシュによりレースはレッドフラッグが振られ、ローズは無念のリタイアとなった。

決勝日のラグナ・セカは第1レース時の気温21度、カリフォルニア特有の明るい青空の下、第1レースはM・メランドリ(アプリリア)が、第2レースはT・サイクス(カワサキ)が制した。

ボルトコム クレセント スズキは、しばし夏の休暇を過ごした後、イギリスの本拠地で次戦に向け準備をおこなう。WSB第10戦は9月7日、スペインのヘレスで開催される。今シーズンのWSBは早くも残り4戦となった。

アレックス・ローズ 第1レース/8位 第2レース/DNF
「納得のいかないレースをしたし、転倒した際の痛みもあります。GSX-Rは調子が良く、とてもいい感じで走れていて、チームの皆も頑張ってくれました。それなのに結果を出せなかった自分自身が恥ずかしい。この後の休暇の間に転倒のダメージを治してトレーニングを積み、次のヘレスでは良い結果を出したいです。」

ユージン・ラバティ 第1レース/DNF 第2レース/4位
「この週末もベストな結果を目指し取り組みましたが、第1レースはスタート前からマシントラブルがあり、スタート後の数ラップは何とか持ちこたえたものの、やはり8ラップ目にリタイアせざるを得ませんでした。第2レースはタンクとタイヤを交換して走り、頑張ってトップグループについていきました。GSX-Rも本来の調子を取り戻したので、これから追い上げていけると思ったところでレッドフラッグでした。再スタートから7ラップのスプリントレースでは、後半に追い上げてポディウムを狙う展開ができないためかなり厳しく、4位は決して満足できる結果ではありませんが、この週末はチームの皆も、夏の休暇を前に皆とても素晴らしい仕事をしてくれました。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る