レプソル社とHondaが2017年までのMotoGP提携継続を決定

レプソル社とHondaは、FIM世界ロードレース選手権MotoGPクラスにおけるパートナーシップ契約を、2017年末まで延長することを決定しました。

レプソル社は、MotoGPクラスのHondaワークスチームのタイトルスポンサーとして、1995年以来20年間にわたってHondaとの協力体制を構築。その間、モータースポーツにおける多くの偉業と、技術革新を成し遂げてきました。

両社のスポンサー契約は、ロードレース世界選手権の中では最長となり、「レプソル・ホンダ」が生み出したレーシングマシンは、モータースポーツ界を象徴するものとなっています。さらに、2013年のMotoGPクラスチャンピオンのマルク・マルケス選手と、チームメートでHondaと長年にわたり強固な信頼関係にあるダニ・ペドロサ選手は、今後もレプソル・ホンダ・チームに所属するライダーとして、両社のブランドを代表していきます。

1995年の2月に始まり、今年20周年を迎えた提携関係は、車両や燃料、オイルの開発において、目覚ましい成果を挙げています。チームから生まれたチャンピオンは、ミック・ドゥーハン選手(1995〜1998年)、アレックス・クリビーレ選手(1999年)、バレンティーノ・ロッシ選手(2002年、2003年)、ニッキー・ヘイデン選手(2006年)、ケーシー・ストーナー選手(2011年)およびマルク・マルケス選手(2013年)で、計10回のライダーズタイトルを獲得。過去20年間におけるタイトルの半数が、レプソル・ホンダによるものです。通算勝利数は、ミック・ドゥーハン選手の35勝、ダニ・ペロドサ選手の25勝をはじめとして、133勝を挙げており、表彰台獲得回数354回、ポールポジション137回に加え、ファステストラップ(レース内最速ラップ)を152回記録。さらには、2002年から表彰対象となったチームチャンピオンを6回獲得しています。

レプソル社とHondaは、本田技術研究所 二輪R&Dセンター(日本・埼玉県)とレプソル・テクノロジー・センター(スペイン・モストレス)の協力によって、技術的にも深い絆を築いてきました。両社は、1990年代に2ストロークエンジンの開発協力からスタートし、のちに4ストロークエンジンの開発に移行していきました。また、レプソル・テクノロジー・センターで研究開発された技術は、マルケスとペドロサ両選手の使用するマシンにも反映されています。2014年に、MotoGPクラス参戦マシン「RC213V」の燃料タンク容量を1リッター削減する際、両社は燃料と潤滑油の共同開発を行いました。

中本 修平 HRC取締役副社長のコメント
「レプソル社とのパートナーシップ契約延長を、チームが先週のドイツGPで見事に1-2フィニッシュを飾り、ポイントランキングでも1-2位を占めるという、これ以上ないタイミングで発表できたことをうれしく思います。我々は単なるスポンサーシップの枠を超え、技術分野でも重要な関係にあります。今シーズンのレース燃料20リットルというルールに対して、我々とレプソル社は密接に連携して開発に取り組みました。その結果として、現在の、そして未来の成功を分かち合えることを、誇りに思います」

ベゴーニャ・エリーセスレプソル社コミュニケーション・ダイレクターのコメント
「私たちは、今回の合意に関して非常に満足しています。両社の関係は1995年に始まり、レースの成果と技術発展の両面で多くの成功をもたらしてくれました。また、私たちは、マルク・マルケス選手とダニ・ペドロサ選手という2人の特別なライダーを擁しており、彼らはレプソル社の価値を代表してくれています。燃料とオイルの研究開発を通じて、世界一のレベルで戦うことによって築かれたこの絆は、私たちが世界的企業として成長していくための最高の刺激です。Hondaと我々の関係は、お互いに誠実で責任感があり、困難に打ち勝つための勇気と情熱にあふれた、チームワークの見本と言えるでしょう」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る