[KTM]AMA MX Rd.7 ダンジーとロクツェンがモト優勝。総合でもKTMライダーが1-2を独占

メリーランド州メカニクスビル メリーランド州メカニクスビルで開催された『2014AMAモトクロス/第7戦バッズクリーク』。Red Bull KTMファクトリーチームから450MXクラスに参戦した#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は2-1で総合優勝。#94/Ken Roczen(ケン=ロクツェン)は1-2の総合2位でフィニッシュ。

250MXクラスの#25/Marvin Musquin(マービン=ムスキャン)は8-14の総合10位。Rockstar Energy KTMの#17/Jason Anderson(ジェイソン=アンダーソン)は1-7で総合3位となりました。

■450MXクラス
モト1。ダンジーは好スタートを切りますがミスを犯し、すぐにロクツェンに捕まります。その後この2人のバトルが続きますが、3周目にロクツェンがダンジーをパス。その後もプッシュを続けたロクツェンは、やがてトップを走るT・カナード(ホンダ)をかわし首位に。

またダンジーもそれに続き、KTMライダーが1-2体制を築きます。その後ダンジーはロクツェンとの差を縮めようとプッシュしますがかなわず、ロクツェン1位、ダンジー2位でチェッカーを受けました。

モト2。ダンジーはホールショットを獲得すると好調に飛ばし、そのまま首位をキープしたままチェッカー。2-1で総合優勝を飾りました。ロクツェンは4位でスタートするとすぐに2位に上がり、そのまま2位でフィニッシュ。1-2で総合2位となりました。

ダンジーのコメント
「今日は1日を通して良いフィーリングが得られた。勝つために必要なことは理解していた。今日、それを完璧に遂行できた。シーズンを通して、今日のようなレースを続けられるよう努力したい」

■250MXクラス
モト1。ムスキャンはスタートで中盤に埋もれ、オープニングラップを10位で通過します。その後プッシュを続けレース中盤に8位にポジションアップ。そのままチェッカーを受けます。

モト2のムスキャンは不運でした。好スタートを切るものの第1コーナー手前の混戦でマルチクラッシュに巻き込まれ転倒。コースに復帰したとき、トップグループはすでに半周も先に進んでいました。それからプッシュを続けたムスキャンは14位でフィニッシュ。8-14の総合10位でレースを終えました。

ムスキャンのコメント
「今日のコースは非常にラフだった。気温も湿度も高く、それらがレースに大きな影響を及ぼした。モト1ではスタートにも失敗し、その悪影響を引きずってしまった。この週末、一度も表彰台に上ることができず失望しているが、モト2のクラッシュ後レースに復帰し、しっかりとレースができたことは良かった」

次戦/第8戦は7月19日(土)MN・ミルビルで開催されます。

■450MX/MOTO1 結果:
1. Ken Roczen – KTM
2. Ryan Dungey – KTM
3. Trey Canard
4. Eli Tomac
5. James Stewart

■450MX/MOTO2 結果:
1. Ryan Dungey – KTM
2. Ken Roczen – KTM
3. Eli Tomac
4. Trey Canard
5. Weston Peick

■450MX総合
1. Ryan Dungey – KTM
2. Ken Roczen – KTM
3. Eli Tomac
4. Trey Canard
5. Weston Peick

◎450MX/ポイントスタンディング /ポイントスタンディング ポイントスタンディングス
1. Roczen (KTM) 327points
2. Dungey(KTM) 301
3. Canard 264

■250MX/MOTO1 結果:
1. Jason Anderson – KTM
2. Jeremy Martin
3. Blake Baggett
4. Justin Bogle
5. Cooper Webb

8. Marvin Musquin – KTM

■250MX/MOTO2 結果:
1. Blake Baggett
2. Jeremy Martin
3. Christophe Poucel
4. Cooper Webb
5. Justin Bogle

7. Jason Anderson – KTM
14. Marvin Musquin – KTM

■250MX総合
1. Blake Baggett
2. Jeremy Martin
3. Jason Anderson – KTM
4. Christophe Poucel
5. Cooper Webb

10. Marvin Musquin – KTM

◎250MX/ポイントスタンディング /ポイントスタンディング ポイントスタンディングス
1. Martin 294point
2. Baggett 267
3. Webb 261

6. Anderson(KTM) 206
7. Musquin(KTM) 201

関連記事

編集部おすすめ

  1. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
  2. 2018年9月2日、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦が開催されている九州のオート…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  4. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
ページ上部へ戻る